甘酒

甘酒を飲むと満腹感を感じます。

飲む点滴とも言われていますね。

改めて調べて見ると、点滴とほぼ同じ成分で疲労回復効果があります。

甘酒は、麹を使用する製造方法と酒粕を使用する製造方法がありますが、今回私が作ったのは米麹をを使用する方法です。

まずは、付属のレシピブック通りに作りました。

簡単甘酒

材料
  • ごはん(炊飯済み)・・・・・300g(約1合分)
  • 乾燥米麹・・・・・・・・・・200g
  • 熱湯・・・・・・・・・・・・250ml
  • 水・・・・・・・・・・・・・150ml
作り方
  1. 米麹のかたまりを丁寧にほぐす。
  2. 清潔な専用容器にごはんと熱湯を入れ、しっかりかきまぜる。ごはん全体に粘りが出てなじんだら、水を加えて温度を下げる。
  3. 2に1を入れ、さらに混ぜる。
  4. ふたをしっかり閉め、自動メニューを選択して、スタートボタンを押す。タイマーが終了したら、殺菌したスプーンでよくかき混ぜる。

甘酒ができるまで、自動メニューで約9時間です。

面倒くさがりやの私でも、これなら簡単です。

夕ご飯用に炊いたご飯を使って、食後に仕込みました。

乾燥米麹はネットで探して購入しました。

ちょうど200g入っています。

楽天市場の「酒本舗はな」で、200g×4個が税込送料無料で1000円でした。

沢山購入するともっとお安くなりますが、初めてなので200gづつの個別包装で4個のセットを購入。

使いやすかったですよ。

出来上がりは特にクセもなく、ほんのりした甘味でそのままで美味しくいただきました。

飲みにくいと感じる人は、豆乳や・牛乳などと混ぜたり。

甘酒とプレーンヨーグルトを合わせたものを、シリアルに掛けフルーツなどのお好みの具材を一緒に入れて。
この組み合わせは甘酒に含まれるペプチドとヨーグルトに含まれるビフィズス菌でお腹がすっきり。2つの発酵食品を同時に摂取できるので、腸活にピッタリだそうですよ。

塩麹も醤油麹も簡単に作れますので、楽しみが増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA