隠しきれなくなったら、見せるのが良いかも

隠しきれなくなったら、見せるのが良いかも?

最近そう思う時があります。

65歳の白髪です。

11月末に、白髪ぼかし的に薄く染めて1ヶ月以上。

この時も強くは染めていなかったので、その前からを含めると2ヶ月半程。

中途半端な白髪に負けそうな気持ちになります。

使い切っていないヘアカラーも、購入したまま使っていないヘアマニキュアもあります。

染めちゃおうかな?

特に酷いのは額の生え際。

めくると自分でもびっくりする程。

頭頂部にも、ピンピン跳ねてます。

白髪以外にも黒い毛が伸び、明るめに染めた毛と黒い毛でプリン状態。


(イメージ画像)

帽子をかぶるとか、頭頂部につけ毛をするとかの方法もありますが、冬の帽子は持っていないし、毛糸の帽子は似合わないからかぶりたくありません。

つけ毛を買う気にもなれず。

それならいっそ、見せる?

と思い始めて、ピンで留めてみたりとあの手この手です。

明るい毛色(白髪)が、アクセントになって良いかもしれない。

ただの白髪ですが、ものは考えよう。

と、自分に言い聞かせ。

家にこもっている間に、あの手この手と試行錯誤中。

どこにも行かないのに、わざとフルメイクして、白髪とのバランスを見たり。

側から見たらどうあがいても、ただの白髪。

それでも鏡を見ながら、一人白髪と格闘中。

白髪と付き合うには、やっぱり肌も大事。

シワもシミも隠せないけれど、せめてツヤ肌で元気に見えるよう、メイクしたのです。

これまでのヘアカラーが気にならなくなるまでには、2年以上はかかりそう。

前髪は次の正月頃には、白髪に混ざった黒髪でしょうね。

これからも、メゲる時期が何回かやってくるでしょうけれど、白髪と上手に付き合う方法を模索しながら、暮らします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA