洋服はあるのに、着る服がない。

着たい服がない。

捨てられない私は、着れる服が埋もれています。

11月7日から12月11日まで入院していて、秋物から冬服に入れ替えが出来ていません。
必要なものだけ引っ張り出して着ています。
手術後装着していたコルセットのマジックテープで服はボロボロになるし、細身の服は入りません。

外出も必要最低限以外はしていませんでしたので、ボロばかり着てました。

やっと、コルセットが外れましたので少し洋服の整理をしました。

パジャマは上下で1枚、靴下も1足が1枚で計20枚です。
決して近くのスーパーにすら、着て行きたくない服。
なぜこれまで捨てなかったのかと、不思議に思います。

最初は19枚だったのですが、せっかくならキリよく20枚と思って追加を入れて20枚です。

着て見るまでもなく、捨てる服です。
下着のシャツも数枚入っています。

今日の捨てる基準は、近くのスーパーに来ていけるか。
もし、救急車で担ぎ込まれても恥ずかしくないかです。
つまり、傷んでいる物。
綺麗な状態のものもありますが、静電気が起こって着にくいもの。
ポリエステルのブラウスは、裾をボトムに入れても滑って上がってくる、外に出すと長くて変。
明らかに着ていないものです。

今、洋服を断捨離するために改めて、どんな洋服があればいいのか見直しています。

一般的には、シンプルで着まわしのきく洋服。

色使いなど大好きな菊池京子さんのK.K Closet よく見ます。
中でも薄いグレー、ミルクティー色のコーディネイトが大好きです。
憧れてます。
SHOPPINGサイトもあります。
好きな色使いなので、SHOPPINGまで見ますが購入には至りません。

山本明子さんの本、「毎朝、服に迷わない」も読みました。
秋、冬これで一生迷わない 決定版
帯に書いてあったので、一生!!?と
本を購入して読みました。

友達にもプレゼントしました。

具体的な写真とショップ名も書いてあり参考になりました。
もうヒールは履けないかもしれないので、本を参考にスニーカーが欲しいと思いました。

ところが、です。

よく考えると、紹介されているシンプルで一般的な洋服が、誰にでも似合うとは限らないのです。

似合う服は骨格スタイルで決まる。

自分で9月20日のブログにも書いているのに、忘れていました。

よほど骨格スタイルのことを意識しないと、普通の服なら誰でも着こなせると思ってしまいます。

下の2点は、持っていて気に入っているものです。
全くシンプルではありません。

知らないうちに、見事に自分のウェーブタイプを選んでました。

そして好きだけれど着てない服。

どちらも少しアンゴラが入っていて、好きですが着にくいです。

上の黒はツインニットで別々でも着れるのですが、ピタピタで細くなんとなく着にくい。
でも上に何か羽織れば着れますね。
今気付きました。

下段のベルスリーブのカーディガンは、下に何を着れば良いのか難しく着る機会がない。
やっぱり細身なので、着るものを選びます。
半袖と合わせて着ることが多く、好きなのですが中が半袖ではスースーして寒い。

好きでも、着ない服には理由があります。

この2点は、この冬の間にもう一度着て、どうしても着れないならば手放します。

まだまだ20点捨てたくらいでは、体制はほとんど変わりません。

似合う洋服選びに大切なパーソナルカラーのことも、過去に5回くらいの教室を申し込み2〜3回は行ったのですが、途中から都合で行けなくなりました。
自分のカラーがどれだったのか、覚えていません。

パーソナルカラーの洋服を選びたいです。
しかし、これは小さな紙では難しい。
適切な照明の下で、大きな専用の布を肩からかけて見る必要があります。
興味があるので、パーソナルカラー診断を受けたいと本気で思います。

骨格スタイルとパーソナルカラー、これがわかれば最強です。

素敵なブロガーさんが紹介されている物に、手が伸びることもあります。
例えその方に似合って魅力的でも、多くの人が口コミに良いを付けていても、それらが自分に似合うとは限らないのです。

シンプルな洋服が、着回せると書いてありました。
もっともだと思います。
しかし、その言葉を鵜呑みにし紹介されているものを購入して真似しても、似合うとは限りません。
シンプルだから、誰でも似合うわけではありませんでした。

洋服を捨てる作業をしながら、自分が本当に似合う服に気付きました。

以前だったら、行きつけのショップに行くと「〇〇さんに似合う洋服が入ってますよ〜〜」と声かけられていました。
時には自分の好みで無いものを勧められることもありましたが、「着るだけでも着てみてください」
着てみると、勧められた洋服は不思議と自分に合ってるのですよね。

ところが今は、プチプラショップやネットでの購入が多く、私は自分に似合う服を選べなくなっています。

それにサイズ感が問題です。

身長も低いので、普通の服を選ぶと服に着られてしまいます。

二神弓子さんの「本当に似合う服に出会える魔法のルール」を読みました。

ウェーブタイプは長袖より7部袖、長袖を選ぶ場合は袖が長すぎないもの。
ネックラインもタートルネックを選ぶとバストトップの低さが目立つ。
オフタートルが似合う。
Vネックも開きすぎはNG

Vネックのセーターにシャツを着て第2ボタンまで開ける、時々しますが似合いません。
ウエーブタイプの私は、まさに書いてある通り。

ヘアースタイルも今変えたいと思ってるスタイルがあるのですが、似合うか自信がありません。

似合うのは「ふわふわボリュームボブ」だそうです。
「すらりと長めの首まわりには、パーマのボリューム感が似合う」

パーマですか、長いことかけていません。
ヘアカラーにパーマでは、髪がダメージで抜けそうで不安です。

どの本もそうですが、そのまま60歳オーバーの私に当てはめるのは難しいのが本音です。
長文にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク