毎日うだる様な暑さが続いています。

暑い暑いと言っても何も変わりません。

ならば、することはただ一つ。

あれです。

日焼けで黄ばんだプラスチックの黄ばみを取る。

絶好の材料が揃いました。

やるしかありません。

以前一度やりましたが、記憶が定かではありません。

材料は漂白剤だったと思うけれどうろ覚え。

自分の過去のブログを見直して。

2年前のブログに登場したティッシュペーパーケースの黄ばみを落としたい。

もう一つ、キッチンの水切りかごの黄ばみ。

 

うろ覚えでキッチンハイターだと思っていましたが、ワイドハイターEXパワーでした。

材料は

  • ワイドハイターEXパワー
  • 紫外線

正しくは、過酸化水素水と漂白活性化剤が必要です。

ワイドハイタEXパワーにはこの二つが入っているので、使用します。

ハーフサイズの衣装ケースの中身を出して、漬け込みました。

以前の記事で私は2倍〜4倍に薄めてと書いています。

衣装ケースでは大きすぎるので漂白剤が足りません。

追加でもう一つ普通サイズの漂白剤を追加しました。

それでも薄いと思いますが、庭に設置したガーデンテーブルに置いた衣装ケースに入れて漂白を始めました。

途中の様子

一見綺麗に見えますがまだまだです。横から見ると全く取れていません。

庭は建物の陰になり日が当たらなくなったので、蓋をして中断です。

ケースごと家の周りをぐるりと1周すれば1日中紫外線に当てることができるのですが、私には運ぶのは無理なので1週間位かけてトライします。

2袋も使用した漂白剤ですから、少しは効果が出ることを期待してしばらく衣装ケースの観察をします。

さあ、どうなることでしょうね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク