認知症

認知症について考えることがありました。

娘から、高齢者の必需品をどこで買うか?

化粧品は?服は?

好みも、購入先も人それぞれ。

お姑さんが、一戸建てでの一人暮らしから施設に入所されるそうです。

やっと、受け入れ希望施設から空きが出たとの事で準備が必要。

しかし、いつ拒否されるかわかりません。

話を聞いていても、施設に入られる方が安心だと思います。

私と違って足腰は丈夫な方。

自由に外出できなくて、逆に体力が落ちないか心配です。

今、施設では面会できないと思うので、寂しいだろうことは容易に想像できます。

施設によって、部屋の構造や暮らしぶりも異なります。

入所予定の施設では、個室にトイレもあるのでトイレットペーパーなどの消耗品も全て入居者負担で準備するそうです。

娘いわく

トイレットペーパーは、どこどこメーカーのこれ。

化粧品はあれね。

と、指示してもらえると助かる。

せめてそれができるうちに、もっと早く入所してもらえれば!!と。

希望の物を揃えてあげたいから、確かに指示してもらえると助かります。

でも、それができなくなったからの施設入所。

自分でできる間は、自宅で暮らしたい人が多い事でしょう。

私の父もそうです。

94歳までヘルパーさんに支えてもらいながら一人暮らし。

1月に倒れて、体が不自由になり4月から施設に入りました。

案外快適の様です。

施設の方の説明によると、手はかからないし、日中はほとんどデイルームで楽しそうに過ごしているそうです。

パズルがお気に入り。

確かにそういうのが好きな父です。

熱中している事でしょう。

弟から聞いたのは、「機嫌よく過ごされてますよ」と聞いていると。

洗濯物を取りに行き、ガラス越しの面会だそうです。不自由や不満もあるとは思うけど、本人から直接聞けてないから本当の事は不明と。

一方、娘のお姑さんは施設で洗濯もしてもらえる。

持ち込む衣類は乾燥機に入れられるもの。

化粧品などは、自宅のあちこちに転がっているそうです。

使い切らないうちに、次を注文する。

ネットショッピングらしきものが、溜まってるそうです。

携帯電話からフリーダイヤルにかけて、勝手に買い物できなくしたいけどできない。

物理的ではなく、気持ち的にできないそうです。

お買い物の楽しみを残してあげたい。

けれど、使い切れないほど物があるのも困るし、と。

私は一度しかお会いしたことがありませんが、すらりとスタイルの良いお話が大好きな方です。

当時、後期高齢者なんですよと言われてもピンとこないほど若々しい。

友達と買い物や食事に出かけたり、お洒落も好きそうな感じ。

それらが全部自由にできなくなると、認知症が一気に進みそうです。

私も、気付いていないだけで、何か症状があるかもしれません。

1年先の事は不明です。

もっと大切に暮らさないと勿体ないですね。

 

2 COMMENTS

石神井翻訳亭

特定の言葉がどうしても思い出せなくて、イライラすることが、最近、よくあります。「えーと、これこれ、こういうことを日本語では、なんて言ったっけねえ?」と家人に訊いて、「あなた、どこの国のひと?」とおちょくられるんですけど、わたし、確実に進んでいるような気がします。

本日も、認知症予防のクリック応援をポチリとさせて頂きますね。

石神井翻訳亭 亭主 拝

返信する
pansy

私の方が進んでますよ。
まだまだ大丈夫です。
自慢じゃありませんが、私は出てこないことの方が多いです。
テレビに出てる人の名前なんて、顔は思い出せても名前はさっぱりです。
ブログを書けない時もありますし、もう止めようかなと思うこともあります。
けれど、ボケ防止にもなるかも?と続けております。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA