ヘアカラーを混ぜて色を変える

白髪染めを替えて、思うような色が出ず困ったことありませんか?

まだ残ってるとか、追加を買い足して在庫で困った。

私、それやっちゃいました。

メーカーを替えたら、何となく色味が違う。

店頭で、箱の色やサンプルの毛束を見ても、わかり難い。

まして染める前の色や毛質もあると思いますので、難しい。

暗い色に染めれば、白髪もしっかり染まるのはわかっているけど。

そうすると、伸びた白髪との境目がクッキリ。

白髪の量が増えれば増えるほど、どんな色を選べば白髪がぼかせるか。

色味を変えるか、明るさのトーンを替えるか。

メーカーによっては色がたくさんあるので、迷います。

そこで美容師さんに相談しました。

イメージが違った、購入済みヘアカラーで色味を変える事が出来るそうです。

それはね!

ズバリ、混ぜる

希望の色のカラーを購入し、手持ちの色と混ぜる。

混ぜてもいいんですか??

と、聞き返しました。

同じタイプのヘアカラー同士の事ですが、

クリームの薬剤、1剤と2剤がありますよね。

この薬剤の、キャップを開けるとキャップの裏に色が付く方が、色をつける仕事をするものに当たるそうです。

もう一つは色を抜く薬剤にあたるので、色味が違っても同じヘアカラーなら中身は同じもの。

ですから、色が変わる方の薬剤を混ぜて使う。

量はもちろん、2つの色を合わせた量と、色を抜く薬剤の量を同じに。

混ぜる色の割合で、微妙な違いの色が出るそうです。

気になったので、ネットでも調べました。

1剤と2剤を混ぜるから、化学変化が起きて染める事が出来るそうですが・・・・

詳しくいろいろ説明があり、私には理解できない。

キャップの裏に色が付く方同士を混ぜるのね!

で良いことにして、チャレンジ予定です。

もう1色同じタイプのカラーを買ってこなくちゃね。

ミルクタイプやマニキュア等については、聞いていませんのでわかりません。

こんな事をやろうと思う方はいらっしゃらないとは思いますが、

もし、

試される方は、自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA