任せられない、電子レンジ

我が家の電子レンジ、最近はお任せ機能に任せることができません。

自動でのおまかせ温めをすると大抵温まっていません。ときには焦げ臭いなと、思うとすでに焦げ付いてます。

温度センサーが、狂っているかな?

電子レンジの寿命はこのように温め機能がうまくいかなくなったら、そろそろだそうです。

そう、我が家の電子レンジはすでに11年目を迎えています。

そろそろ、寿命なのでしょう。

しかし、手動で様子を見ながら温めると何とか使えるのでごまかしながら使っています。

一方で良かったこともあります。

それは、牛乳の温め温めは逆にうまくできるようになりました。

普通のお任せで牛乳を温めると、大抵吹きこぼれます。

牛乳メニューでは、ぬるくて私の好みではありません。

それが最近は、牛乳の温めにちょうどいい。

他の温めには、様子見しながらです。

全くお任せできない電子レンジになりました。

温度センサーを取り替える事で使える気がするのですが、、、、修理代次第かな?

使い捨てするより、修理代が安くて修理が普通に出来る時代がやってきても良さそうですが、最近の家電には7年とか8年とか表示があります。まるでもう使えませんよと言われているみたい。

急に全く使えなくなっても困るので、ネットで情報収集は行なっています。

現在の電子レンジと同程度の機能が付いていると、思ったより高額です。

現在の機種そんなに高い金額ではなかったはずですが、年金暮らしになるとお金の価値観が変わるのかもしれません。

それに付いている機能を活かしきれない現在の生活では、もう少し機能を落として身の丈にあった機種選びが大切と思います。

ネットでの情報収集も良いけれど、家電量販店に行くと型落ちのお買い得品があるかもしれません。

今度下見に行きます。

最近エアコン・ルンバと故障が相次いでいるので、重い電子レンジは修理が発生するとやはり近くの家電量販店での購入が良さそうです。

まだまだ使うつもりですが、予算を検討する為にも、時間はあるけれどお金が無い私には実物の下見は大事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA