踵のカサカサ改善の話

踵のカサカサ、嫌ですよね。

多くの女性の悩みかと思います。

私の踵、若い頃からずっーと悩まされて来ました。それがいつのまにか綺麗な踵になった話です。

30代で、パックリ割れになった事もあります。

ところが、最近はクリームを毎日塗らなくても踵がきれいです。

どういうことか自分でもわからず、考えてみました。

特に、何かを始めたわけでもやっているわけでもありません。

確実に歳は重ねていて体の他の箇所は、カサカサや老化が進んでいます。

今年の冬は暖冬とはいえ、なぜ踵がキレイなのか。

これまでの冬と特に変わった事は、何もありません。

でもよく考えてみると、足首から下が冷えて痛いほどだったのが今年はさほどでもありません。

レッグウォーマーや厚手の靴下の出番もほとんどありません。

就寝時には、アンカも湯たんぽも何も使っていません。

机でパソコンに向かう時も足が冷えるので、これまで色々工夫をしていたのが嘘の様です。

ただ、暖房費節約のために、腰から下には古い電気毛布を二つに折って腰に巻いています。
(取説によると折るのは厳禁です)

あとは、スリッパをこの冬新く買い替えました。

足首まである、内側がボアのルームシューズ。ポリエステルで特別の物でもありませんが、子供用サイズのSサイズがあったので、ぴったりサイズで履いています。

購入したのはこちら

表がフエルトで、新しいうちは硬くて少し履き難い感じでしたがヨレヨレに馴染んでくると大丈夫。他には、なぜか履きにくかったので、左右を変えて履くと足に馴染みが良いので左右を逆に、エルクが内側に来る様にして履いてます。(私の足が変なのか、こんな事は初めてですが)

このスリッパだけで冷えが無くなり、かかとのカサカサが無くなった??とも思えず、しつこく考え、あることを思い出しました。

12月から足指のグーパー運動をしています。

特に親指を意識して思い切り広げ、そして、ぎゅーーっと強く指を握り締めるを繰り返します。

これは外反母趾改善の為に理学療法士に勧められた運動です。

湯船に浸かっている時やくつろいでいる時、パソコンしながらなど普段の生活の中でいつでもどこでもできます。可能であれば素足の時が良いです。

このグーパー運動で足の血流が良くなったのが原因では無いかと考えググりました。

すると、足指広げが外反母趾や冷えに効果がある記事を見つけました。

こちらの記事では「ひろのば体操」の紹介がありました。

「ひろのば体操」は、私もテレビで見た事があります。

いつでもどこでも出来るグーパー運動に「ひろのば体操」を追加すると、もっと効果がありそうです。

嘘の様な本当の話で、入浴後は体にはボディクリームをたっぷり塗り保湿しますが、足裏はスリッパを履くので後回しです。

ところが就寝前に足裏を触っても、柔らかくクリームを必要としません。

いつのまにかクリームも塗らないので、シルクの靴下も不要。

それでも、特別足が冷える事もありません。

たまに思い出した様に足裏の手入れで、クリームをたっぷり塗り靴下を履いて寝ると、逆に足が冷える様な気がします。

入浴時は、時々軽石でこする時や、スクラブ入りクリームで擦る時もありますが、定期的でもなく少し踵が硬くなってるかな?と思う時だけで、本当にたまにです。軽石を使った時はクリームを塗ります。

これだけで、いつでも人前で足裏を出せるほど綺麗になったのか、私自身が半信半疑です。

他には全く心当たりがありません。

こたつも使っていませんし、電気カーペットなどの上に足を乗せている時間もほとんど無く、足裏の乾燥が少ない生活でしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA