口腔外科で、切除終了

総合病院の口腔外科に着いて、メール打とうと思ったら、すぐ呼ばれドキドキする時間も無く終わりました。

麻酔が少し痛かった。

今日受けたのは、頰腫瘍摘出術(粘液嚢胞摘出術)です。

焦げ臭い臭いがして、切除。縫合まであっという間。

うがいをしても、唇が痺れてて、口のわきからダラーと溢れるの。

口の中は出血してるのでうがいしたけれど、上手くできない。

だらしない口。

これまでは歯茎に麻酔。

今日は、頰の内側。

頰の内側に麻酔をすると、口をうまく使えません。

マスクをしていても、口の脇から唾液が溢れるのがわかります。

出血してマスクが赤く染まっていないかビクビク。

全部終わって、駐車場で車に乗るまで50分もかかりませんでした。

痛み止めと化膿どめの薬は近くの薬局で受け取る予定で、FAX送信。

麻酔が切れると痛みが出るので、痛み止めはすぐに飲むよう言われました。

帰りの車で麻酔が切れて、唇の感覚も少しづつ戻ってきます。

ところが、帰りの道路。前の車がノロノロ運転。

早く帰って、痛み止めを飲みたいのに。麻酔が切れて痛みが出てきてる。

急いでいる時って、だいたいノロノロ運転に引っかかります。

よく考えると、横を自動車専用道路が走っているのですが、下道の一般道を通った私。

たまに自動車専用道路や高速道路を走ると、緊張して肩が凝ります。

運転にはどんどん自信が無くなり、一般道を走る方が気楽な私。

走っているのは、そんな同じような車なのでしょう。

初心者マークやシルバーマークの車。砂利を積んだトラックなどなど、遅い車ばかり。

急いでいる人は、自動車専用道路を走ります。

もうね、焦っちゃダメです。ゆっくり安全運転。

帰宅すると、マスクの内側は溢れた唾液でしたが、血は付いていなかったので一安心。

医師によると、傷口の方には出血しないようしてると言ってました。

だから、口の中の溜まった唾液を吐き出しても、ほんのりピンクがかっている程度。

抜歯やインプラントの手術時とは違うようです。

でも頰の内側なので、痛みはあります。

ご飯も食べて良いのですが、食べ難い。

入浴もOKですが、血流が良くなると出血するので短時間でと。

プールも、例え水が口に入っても唾液より綺麗。しかし運動で血行が良くなると出血するかもしれないそうです。

ここは安心の為、無理をしない。今更焦っても仕方がありません。

次週の抜歯で医師の診察まで、プールもお預け。

風邪をひいた12月中旬から、プールもず〜〜〜っとお休み中で、軽いストレッチのみ。

食事も口腔内の不調と、風邪で食べにくかったりが続き軽くしか食べていません。

このお正月はお餅もパス。

美味しいものが食べたいけれど、おあずけです。

睡眠も、まだベッドが届かず熟睡できないし、色々ストレス溜まってます。

小さな腫瘍を取っただけですが、病理検査にまわすことも了承したので、病理診断料が加算されました。

今日の病院の支払いは3割負担で、7,400円。

他に薬局は、530円。

医療費も大変な年明けです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA