確定申告、医療費控除の勘違い!

確定申告に手間取りました。

結果的には、いつものパソコンで作成し印刷して郵送なのですけどね。

それすら

何回もやり直し、上手くいかなくて・・・・

途中で、データを保存したものの開くことが出来ない。

試行錯誤で時間がかかり、最終的には一気に仕上げるしかありませんでした。

パソコンの推奨されている環境と微妙に違う。

OSとブラウザが少し異なるからかも?

スマホから申請を試みましたが、私には無理。

スマホの小さな画面から、多くの項目を入力するのに根をあげました。

結局、パソコンで初めからやり直して一気に仕上げました。

今年は医療費が多いのです。

かと言って、戻ってくる税金はさほど無く、医療費の申告をする必要が有るのか無いのか?

書き出すだけで大変。

公共交通機関を使った分は、交通費も医療費として申請できます。

交通費まで含めると支払った医療費は

801,970円。

保険からの補填も一切なし。

これまで私は勘違いしていました。

医療費控除は、10万円を超えないと申告できない?!!

こう思ってました。

10万円以上の医療費がかかった場合に、所得金額から医療費として控除されるのは

(支払った医療費の総額 ー 保険金などで補てんされる金額) ー 10万円 = 医療費控除額

しかし10万円を超える医療費って、これまでは滅多にありませんでしたので、申請したことが無い。

ところが、違ってました。

正しくは

(支払った医療費の総額 ー 保険金などで補てんされる金額) ー 10万円(所得の合計金額が200万円までの方は所得の合計額の5%) = 医療費控除額(最高200万円)

一律に10万円を超えた金額では無く、所得の低い人は医療費がその5%以上であれば控除できる

いつから?以前からずっとだったの?

知りませんでした。

若い頃は、微々たる金額だと面倒と思ってました。

しかし申告するとメリットがあるかも知れません。

面倒くさがらずに、申告した方が良さそうです。

例えば、所得税以外に住民税が軽減されたり、

所得区分が変わることで、高額療養費や高額介護サービス費、国民健康保険料、介護保険料などの負担が軽減する可能性があります。

所得の少ない私ですが、遺族年金だったのが65歳から年金の内訳が変わり一部は課税対象です。

そして多少でも年金以外の収入があれば、医療費控除を申請する方がメリットありそうです。

そんな訳で、

途中保存したデータを読み込めず、スマホ申告を諦めた私はパソコンと睨めっこで、一気にデータ入力と見直しをやりました。

今回も何回もやり直しているので、少しづつ慣れては来ますが

来年はまた忘れて、一からやり直しなんだろうな?

いつまでできるかしら?

そんなことを思いながらの作業でした。

次年度の健康保険税が上がらない事を願って、頑張りました。

今回の、還付金は

所得税と住民税の合計で4万円とちょっと。

私には大きな金額です。

昨日の四苦八苦と、今日頑張った成果です。

他にも、

医療費の申告をしなかったら、次年度の健康保険税が上がるかも知れないので、大きな節税です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA