曇り空から青空に!

老いて身体が多少不自由でも、楽しまなくちゃ人生は一度きり。最後は笑顔でありがとうと終われるように

高いのは人件費だから

以前働いていた会社に相談に行き、外部補修工事の見積りを見てもらいました。

全体的に、ハウスメーカー価格で高いのは高い。

納得できる部分もあるけれど、交渉できる部分もあると指南してもらいました。

実際のところ、高いのは人件費で良い塗料を使っても価格はさほど変わらないとも。

だから、サービスできるんだ!

ちょうど決算前のキャンペーンだとかで、外壁塗装をするなら通常の塗料より倍の耐用年数塗料で塗装をサービス。

素人は、とてもお得に思いますがそうでも無いらしい。

でも、足場代は高いので、外壁塗装も魅力です。

しかし、何処をどうするかは、掛けられる予算もあり迷います。

外壁は、目地の打ち替えのみで済まそうかな?

養生を外しても、殆ど何も変わって無いって状態ですが・・・・

そうそう、外壁のサイディングに一部反りがある部分も写真で説明してもらいました。

その部分だけの取り替え等は見積もりに入っていない。

部分取り替えはやはり他社では難しいと思う。

一旦は、必要最低限を絞るものの、次々と気になる箇所があります。

様々な思いや、迷いが出たり消えたり。

もう少し、詰めた話をしないと金額も動くでしょうし、決められません。

交渉をうまく進めるコツやNGワードも知りました。

結果を急がず、信頼関係を構築してからの交渉だそうです。

塗料メーカーさんが先に帰られてから、営業マンと話もできたので多少信頼関係はできたと思ってます。

いつもと違う事を考えるのは、結構体力を消耗します。

実際の工事も、窓の外に誰かがいて、足場の鬱陶しい状態が続くのもストレス。

これからが大変!!!

本当に大丈夫かな?私!

と、自問自答。

何かあったら娘に迷惑かけるので、相談しています。

娘に言われたのは

少しでも価値のある家を残そうなんて考えなくて良いから。

それより、お母さんが住みやすい家を考えるべき!

昔の家で足元が冷えるなら、床下に断熱材を入れるべきだよ。冷えると腰の痛みが応えるんでしょ!

確かにそうですね。

じゃあ外壁の塗装は止めようかな!見た目だけだから。

(イメージ画像)

明日か、5年か10年か、万一長生きしたら20年?

それ以上この家での一人暮らしは今の所考えられないけれど、やっぱり冷えは辛い。

暖房をつけても足元は冷える。

こたつもカーペットも、出し入れ等が難しくなる。

膝も悪くなると、床に座れなくなる。

足元が少しでも暖かければ日常生活が楽になるね。

そんな話をしました。

けれど現状では見積もりに入っていないけれど、必要かもしれないサイディングの部分貼り替え。

値引き幅のありそうな項目等々。

少しづつ具体的に理解できてきました。

以前の職場の人のアドバイスをもらったので、合い見積もりは今の所考えていません。

ただし、突っ込んで交渉するつもり。

信頼関係を壊さない程度に、突っ込む。

このお家のために少しでも良い方法を考えようと思ってもらえる、そんな交渉をしてみたい。