昔から、お洒落着などの取り扱いにはこだわります。

クリーニング代を節約する為、可能な限りは自分で洗います。

洗濯絵表示は以前と変わり、解りにくくなりましたが節約の為に自分で洗います。

ドライクリーニング溶剤を使用します。

もう20年以上、同じ洗剤を使い続けています。

今日は、洗濯のこだわりではなくアイロンです。

セーターなど、干し方に気を付けてもやはりアイロン仕上げは大切です。

アイロンは普通のアイロンからコードレス。

そしてまた普通のアイロンに戻りました。

コードレスだとテーブルクロスなどの大きなものをかけていると、すぐに温度が下がってしまうのが不満で買い替えました。

セーターにスチームを当てる時は、少しアイロンを浮かせギリギリのところでスチーム、スチームを掛けたところを手で抑えるというやり方です。

素人が勝手にやっているので、間違っているかもしれません。

自分が綺麗に仕上げられる方法です。

肩のラインが難しかったり、一度着たセーターの袖口が伸びたのを戻したい。

アイロンをかけても、畳んで仕舞うとたたみじわができることも。

そんな悩みを解消したくて、「ハンディーアイロン&スチーマー」を購入しました。

お値段も手ごろで、スタイリストさんの撮影時の必需品だそうです。

使って見ると私には、さほどでもありませんでした。

持ち歩くわけではないし。

すぐにサッと使えるといっても、水を入れてセットして。

コードもあるので、コンセントの近くで使用することになります。

立ち上がりは確かに早いです。

本当にすぐに使える感じです。

しかし私は手芸部屋にしている部屋に行けば、アイロンは常にセットしてあります。

水を入れて、スイッチを入れればOK。

このアイロンを出す手間を考えると、手間は変わらない。

付属の二つのブラシ。左上が毛ブラシ。

アイロンにこれを付けてセーターにスチームをかけます。

確かに熱いアイロンが直接セーターに触れませんね。

私は広い面は、普通のアイロンの方が便利でした。

しかし、一度着たセーターの伸びた袖口にはサッとかけられるので、便利でしたよ。

右下は衣類ブラシ。

取説には「ほこりや小さなゴミを取る時に使います」とあります。

セーターなどの毛足の長いもの以外の、お洒落着に付けてかけると良さそうですが、これはまだ試していません。

セーターなどに、裏から普通のアイロンをかけても上手くいきません。

スチームが使えるギリギリの温度で、手でセーターをプッシュしながらかけるのが私には楽。

そしてこれは、仕上げ程度に使うといいかもしれません。

Panasonicには、気になるアイロンが色々ありますが、私には使いこなせなそう。

ものを増やしてしまいました、ちょっと失敗だったかもしれません。

悪くはないのですけど、私には必要なかった。

何処でどんな場面に使うかを考えて購入すると良さそうです。

便利そうだけで、何処でどんな場面かを全く考えなかったので失敗です。

どんなにお勧めでも、自分の生活スタイルを考えるべきでした。

ちなみに、購入したのは

ハンディーアイロン&スチーマー(TWINBIRD)

SA-4086 です。

1枚づつその都度かける人には良いと思います。

アイロンとしては軽いので、旅行などに持ち歩くこともできますが、やっぱりかさ張るから私は、持ち歩かないですけどね。

まとめ掛けをする人、アイロンをセットして置ける場所があるならば普通のアイロンで事足りると思いました。

物を増やさないはずでした、忘れてました。

【3月8日追記】

実はハンディアイロン&スチーマーは楽天市場で購入したのですが、最初スチームが出なかったのです。

このタイプの使用は初めてで、アイロンは温まっているのですがスチームが全く出ない。

何処をどう触っても出ていない。

結局購入店ではなく、直接ツインバードのお客様サービス係に電話し、確認しながら試しましたがやはり故障のようでした。

保証期間が1年ありますので、購入時の保証書を添えて送りました。

結局スチーム吹き出し口が詰まっていたとのことで、新品に交換していただきました。

とても親切丁寧で、交換商品が届くのも早かったですし感じの良い対応でした。

私の生活スタイルに、合わなかっただけです。

商品に何を求め、どのように使うかで、商品自体は良いと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク