捨てられなかった、手作りスーツを捨てる

捨てる決心がつかなかった、手作りスーツ。

シャネル風スーツです。

タイトスカートは、簡単に捨てられるのですけどね。

捨てられなかった理由は、

ジャケットは袖口の始末など、何かを仕立てる時参考に見るかも?でした。

でも、もう難しい洋服は縫わない。

普段着やパジャマ、エプロンだって縫わないのに。

年々洋裁は、億劫になってます。

細かい作業が辛い。

娘に「パジャマを作ってあげる」と言いながら、作っていません。

つくる作る詐欺です。

娘は神経の病気で、下半身麻痺の為全く立つことができず、車椅子生活。

したがって、車椅子からトイレやベッドなどへの移動は、すべて上半身の力でお尻をすりながら移動します。

移ることを、移譲(いじょう)と言います。

お尻をすりながら移るので、パンツのお尻がすぐに破れます。

パジャマの上着は綺麗だけれど、パンツに穴が開いた。そんなことがしょっ中です。

その為、パジャマかルームウェアにぴったりの布地があるので、作ろうと思っています。

今後何かを作るとしても、普段着かルームウェア程度。

スーツの仕立てを参考に見るなんてことは、無いと判断しました。

本当は、シャネル風スーツまだ1枚残ってますが、ピンクのスーツは断捨離の決心がつきました。

けれど、勿体ない精神がムクムク。

このブレード勿体ないので、外して再利用することにしました。

ふと気づいたボタンホール、上のボタンホールが綺麗でミシンで作ったかな?とよく見ると、下はバラバラ。

やっぱり私のやる事は雑です。

ボタン穴かがり用の糸で、手縫いです。

下の方に行くほど、疲れて雑になってます。

こうしてブログに記録も残せたし、未練なく外すことに。

丁寧に縫い付けているので、外すだけでも一苦労。

袖口を少しほどいて、疲れました。

この後、時間をかけて外し、ボタンとブレードは保存し、スーツはゴミ袋行き。

思い出とともに、作品も断捨離。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA