手作り酸性バスクリーナー

茂木和哉さんの動画で、手作り酸性バスクリーナーの作り方がありました。

だってね、お風呂の汚れって中性洗剤のみでは落ちない。

それなのに、私は毎日入浴後にゴシゴシとお風呂掃除。

これでは、落ちなかったのですよね。

だって、

お風呂汚れは数種類

  • 皮脂(酸性汚れ)→洗剤
  • 石鹸カス 酸性石鹸(酸性汚れ)→洗剤+スポンジ/金属石鹸(アルカリ汚れ)→洗剤+クエン酸+スポンジ
  • 水垢(アルカリ汚れ)→洗剤+クエン酸+スポンジ
  • ヌルつき(生き物汚れ)→スポンジ洗い
  • 赤カビ(生き物汚れ)→スポンジ洗い
  • 黒カビ(生き物汚れ)→漂白剤

お風呂の汚れ、一般的な中性洗剤で落ちるのは人間の皮脂汚れのみ。

これしか落ちないのに。

毎日毎日、一生懸命にゴシゴシしていた私。

そして、たまにカビキラーなどを使って。

これでは落ちない汚れが、どんどん蓄積してしまった。

金属石鹸、お手上げです。

ダーク系の床グレーなので、思いっきり白い汚れが目立ちます。

知らなかったとは言え、気付いた時には既に遅し。

少々の事では落ちません。

鏡や水栓金具は、そうでもありません。

毎日入浴後に、拭いてるからでしょうか?

ハウスメーカーの修理担当の方が鏡が綺麗だと驚かれましたが、逆に、床はこんな状態です。

床は拭けないからねぇ。

入浴後、熱い湯を流すよう取説に書いてあった様な??

普通のお湯で流していたので、こうなったのかも知れません。

最近では、掃除用スティックでカキカキしてますが、これではラチがあきません。

こんな風にしない為、これ以上ひどくしない為、中性洗剤一択は止めなくてはね。

ネットで調べると紹介されている商品が気になりますが、多分使い方でしょう。

これ以上どんな洗剤を購入しても、私には無理。

腕よ、腕。やり方では??

よって、まだ以前の購入品があるので、使い切るまで、洗剤は買わないと決めました。

しかし、昨日の記事で紹介した100均のステンレススポンジだけは試したい。

そして、これ以上白い石鹸カス汚れを蓄積させないために、普段の汚れ落としには自作の酸性バスクリーナーを作り、時々浴室丸洗いを実行する。

さらに頑固な汚れ落としには、手持ちの酸性強力洗剤で落とす。

このパターンでいきます。

手作り酸性バスクリーナー

茂木和哉さんのYouTube動画より、
お風呂の様々な汚れをまとめて落とせる洗浄液の作り方

材料

  • 湯     185g
  • クエン酸  5g
  • 台所洗剤  10g(相性もあるので、泡立ちの良いものを使う)

洗面器などを使い、手で混ぜて泡立てる。

三層スポンジに洗浄液をつけてこすり洗いし、水ですすぐ。

頑固な黒カビは、漂白剤が必要でしょう。

通常の水垢程度であれば、この洗い方で頑固汚れにはならないのであろうと思います。

家にあるもので、「頑固汚れにしない」これが一番重要。

勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA