私は、これまで捨てるのは勿体無いものを、さほど多くはありませんがオークションとフリマでお金にしました。
もちろん買取業者に買い取ってもらったものもあります。

新品未使用の衣類や綺麗なブランド物衣類、健康グッズ、人気のゲームやApple製品などです。

買取業者より、自分でオークションかフリマに出品する方が高額になると思います。

買取業者にはバッグ、衣類、和服用ふわふわストール、貴金属。
オークションはYahooオークションを始めて10年以上になりますが、取引きをしないまま1年以上、会費だけを払い続けていた時期もあります。

数百円の会費も年間にすると結構な金額になりますので、今は毎月の会費を支払っているオークション・フリマはありません。

そして、今回は衣類の処分でフリマに出品しました。

4点のうち3点は新品未使用、1点は数回着用でクリーニング済みの衣類。
現在はフリマに出品中です。

2日に分けて4点出品、うち1点が売れましたが残りはまだ売れる気配がありません。

フリマはまだまだ経験不足ですが、気づいたことも踏まえて書きます。

まず、どこに出品するかですが同時出品もありです。
ただ、出品の商品説明に同時に他にも出品しているので、他で売れてしまう可能性もあることを記載する必要があります。

以下に出品について、まとめました。

Yahoo! (詳細はこちら

  • フリマ出品、オークション出品の両方があります
  • オークション出品をするにはYahoo!プレミアム会員に登録する必要があります
    フリマ出品はプレミアム会員登録不要
  • Yahoo!プレミアムに登録(オークション出品の場合)
    会費 月額462円(税抜き)、無料期間でお試しできる時があるのでその間に出品し解約すれば会費は不要。
  • フリマ出品落札システム利用料
    出品した商品が落札されるとかかります
    Yahoo!プレミアム会員→落札額の8.64%(税込)
    プレミアム会員登録なし→落札額の10%(税込)
  • オークション落札システム利用料
    落札価格の8.64%(税込)
  • 別途オークションは、商品を目立たせるためのオプションもあり、出品時に利用料が発生します
  • 出品の取り消しでキャンセル料が発生する場合もありますので、別途ご確認ください

フリル (詳細はこちら

楽天のプリマアプリですが、パソコンからも利用できます。

  • 売上金を現金で受け取り(振込)時に、振込手数料として210円がかかります
  • 販売代金を受け取る振込申請は、売上金が1000円以上ある場合にのみ行うことができます
    つまり代金を受け取るまでは、手数料は全く発生しません
    ただし、口座情報の間違いや変更などで別途手数料が発生する場合もありますので、要確認をお願いします

メルカリ (詳細はこちら

まだ利用経験がありませんので、メルカリ初心者ガイドからの抜粋です。
パソコンからも利用できます。

  • 出品時も購入時も手数料0円
  • 商品が売れた時に販売手数料10%
  • 販売代金を引き出すのに1万円未満の場合は210円の振込手数料が必要

まとめ

つまり、私が今回フリルを選んだ理由は合計手数料が一番安かったからです。
どこのサイトが売りやすいかについては、同時出品をしていないので現時点では不明です。

Yahoo!オークションが、オプションを利用した出品をすることで一番人目につきやすいと思います。
ただしオークションで目立つためには、出品価格を下げることが大切です。
その結果、入札はあっても低価格での落札もあります。
しかしこれ以下では売らないよと、オプションで最低落札価格をつけることも可能です。

私の個人的な感じ方ですが、最低落札価格のついている商品は余程の人気商品でない限り難しいかと思います。
この場合、オプション利用料は出品時に発生しますので、落札されなくても料金がかかります。

1円や10円で出品することで、目に止めてもらいやすいですが、本当に安い金額で手間だけに終わってしまうこともあります。

出品する商品や、出品期間、売り上げ予想金額なども含めてトータルで検討してください。

もちろん同時出品も可能ですから、写真や文章を考えるのはさほど変わりませんし、一気に複数サイトでの出品も良いでしょう。
その場合、アプリでの通知を受け取る設定にすると楽です。

複数出品の場合は、同時に購入がある可能性も無きにしもありませんので、細やかな対応を心がけましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク