曇り空から青空に!

老いて身体が多少不自由でも、楽しまなくちゃ人生は一度きり。最後は笑顔でありがとうと終われるように

家計簿アプリで確定申告は簡単?

家計簿アプリで確定申告は簡単になるのでしょうか?

家計簿アプリ「MoneyForward ME」を利用しています。

有料版で、月480円を支払っています。

無料版もありますが、登録できる口座数が少なかったり、保存できる年数が少ないのであえて有料版を使用しています。

パソコンから、サイトのログイン画面にも、無料で使えるアプリと表示されてます。

いつだったか(秋ごろ?)スマホの画面に、確定申告の項目が表示されました。

チェックを入れれば良いようですが、触らずそのままにしてました。

昨年は、歯科通院で多額の費用がかかったので、医療費控除を申告予定です。

そもそも医療費控除とは

MoneyForward クラウド確定申告書によると、以下のように書いてあります。

間違いやすい医療費に含まれない項目

医療費控除の対象となるかどうかの判断基準は「治療」か「予防」かになります。 人間ドックを受けて異常所見が見つかった場合には治療となるため、人間ドックにかかった費用を医療費に含めることができます。異常所見が見つからなかった場合は予防となるため、医療費控除の対象外となります。 出産は治療や病気、怪我ではありませんが、医療費として算入することができます。妊婦健診費用や通院費用は医療費とすることができますが、里帰り出産にかかった交通費や入院に際して自分で用意したものにかかった費用は、医療費とすることができません

昨年は歯科通院がメインで、遠くの病院に通ったので、交通費も該当します。

通院にかかった交通費は、付き添い人のものも含めて控除対象になります。ただし、公共交通機関及び緊急時や夜間に利用したタクシー代等であり、自家用車のガソリン代や駐車場代などは含まれません。

家計簿アプリに、確定申告の項目があるのですが、何もせずそのままにしてました。

使えるかどうか気になるので、チェックを入れて試します。

使い方がよくわからないです。

家計簿アプリと連動して、作成できるそうです。

まだよくわからないので、詳しい事が書けません。

せっかくアプリを使っているので、試してみたい。

一覧にまとめて印刷できるだけで助かりました。

無料で使える範囲で、便利になればと期待しています。

今日は、中途半端な記事になってしまいましたが、家計簿ソフトは使い始めると便利で以前には戻れません。

銀行に行かなくても、全ての口座管理ができるし、入金のお知らせも届くので便利。

昔と違い、現金とクレジットカード以外に、電子マネーの管理にポイントの管理。

これらを全て把握するのは大変です。

ただし、一部の電子マネーは手動での入力が必要ですが、それでもすごく便利です。