昨日壊れた電気スタンド、買い換えの為当然のようにポチしそうになりました。

しかしネットでポチ直前に手が止まり、しばらく様子見することにしました。

これまで通り自宅に有ったもので、使用していたものは当然必要だと思います。

しかし、無くても大丈夫?

壊れて取り払った現在デスクライトは無いけれど、デスクの右手斜め後方の天井にダウンライトがあります。

右利きの右手後方天井ですから、文字を書く時に自分の手が影になります。

窓際のデスクですが、窓も右側。

日中でもよほど天気が悪ければ、デスクライトを点けますますが、それ以外は無くても大丈夫。

デスクライトがない今日は、机の周りが広々しています。

当然有ったほうが良いのですが、夜文字を書かなくても良いのでは?と考えました。

他に、必要なものもあり優先順位を考えているところです。

これまで必要無かったものが必要になったり、有るけど使えない物が出てきたり。

年齢と共に生活スタイルの変更と・体力・視力・気力・聴力などが衰えます。

すると当然、衰えを補う物が必要になります。

他に老眼鏡も数個、薬も常備薬が必要になったり。

捨てられない性格に加えて、物は増えるばかり。

管理できなくなります。

ここは壊れたことをキッカケに、電気スタンドの無い生活をやってみようと思ったわけです。

衰える視力を補うには、普通に考えると必要な電気スタンド。

しかし、「あえて見えない時間に作業しない選択肢も有り?断捨離になるわ」と思ったわけです。

「壊れた」「捨てられない私には良いチャンス」「断捨離になるかも?」

何日続けられるか不明ですが、今はデスク周りの広々感を味わっています。

こうして考えると、「壊れたから買わなくちゃ」の性格を変える必要がありそうです。

一人暮らしですから、自分さえ我慢すれば誰にも迷惑がかからないのですものね。

そして、本当は物を減らしたい私ですから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク