断捨離をスムーズに進める三つの方法

断捨離をスムーズに進めるための三つの方法です。

これまでの私は、勿体無くて物を捨てられず、捨てるものはごく僅か。

この性格は簡単には変えられません。

今でも、捨てるのは苦手です。

その結果、いつも袖を通す服は2軍どころか3軍の服です。

1軍服は外出の時に着ます。

2軍服はちょっとそこまで。

3軍服は家着で、せいぜいゴミ捨て場まで。

外出がめっきり減った昨今では、1軍服の出番がありません。

外出と言えば、病院。

それも整形外科やリハビリでは、脱ぎ着の楽な服装。

足腰が悪いのですから、診察や治療は主に腰から下で、スカートでは無くパンツ。

2軍服で間に合います。

1軍服はたまに着ますが、衣替え時にタンスの引き出しに入れ、1度も袖を通さずまた別の場所に衣替え。

家着は何でもOK、結局あまり気に入っていなくても着てました。

これではいつまでも、断捨離が進みません。

今の状況から抜け出したくて始めた断捨離は、3つのパターンに分けること。

  1. 捨てる
  2. 再利用(メルカリ出品・教会のバザーなどに出品・自分でリメイクなど)
  3. 未来用に保管(今は地味でも素材や着心地の良い服で、もっと高齢になって着れそうな服)

3番の未来用の保管は断捨離ではありませんが、タンスの引き出しやクローゼットの見える場所からは無くなりました。

これで、タンスの引き出しに入ったままで、衣替え時別の場所に仕舞い込んでた服を、目に見える場所に移動できました。

こうすることで、自分の気持ちがアップしました。

3軍服はほとんど無くなり、作業用が3軍服。

家着の感覚は無くなり、日常着。日常着はちょっとそこまでの2軍服と一緒です。

呼び出しがかかっても、ほぼそのまま外出できます。

1軍服は、時々2軍服としても活用します。

つまり、眠っている洋服がほとんど無くなりました。

気持ちの上がらない服はほぼ全て、1・2・3の分類で見える場所から無くしました。

1・2軍のほぼ全部をクローゼットに吊るす事で、今ある服が一目瞭然。

持ち過ぎのカラー、活用しやすいカラーは?なども把握しやすい。

昔は、よそ行きとして普段は活用しない服がありました。

よそ行き、よそゆき、ふざけて東京行きなんて言ってました。

最近のファッションは改まった服装より、カジュアルミックスですから、外出は、あまりにヨレヨレじゃなければ大丈夫。

行き先によってはジャケットや小綺麗なカーディガンを羽織ればほぼ何処へでも。

考え方の整理ができて、無理なくスムーズに仕分けできるようになりました。

普段着る服が2軍服に格上げしたので、ほぼ毎日お化粧するようになりました。

気持ちの変化です。

家着・ノーメイクではいざ外出しようとすると、着替えメイクと準備が必要ですから腰が重い。

しかし普段から、簡単でもメイクして2軍服を着ているので、すぐに出かけられます。

現在はタンスの引き出しはガラガラ、クローゼットに吊るしている服はギュウギュウです。

(ハンガー不足で吊るせなかった引き出しの一部)

ギュウギュウ状態の手持ち服が見えますから、セールで欲しい気持ちも抑えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA