やっとカード1枚断捨離したら、違うカード勧められた

au WALLETカードの断捨離がやっとできました。

auの携帯電話をmineoに変更以降、残ってしまった「au WALLET」カード。
1,000位残高が残ったままでした。
ポイントは解約前に使えるだけ使って、残ったポイント72ポイントは使えないのでそのまま諦めます。

しかし、現金と同じに使えるカード残金は使いたい。

解約当初は何も知らず、レジで不足分は現金でお支払いしますと伝えると、「不足があればWALLETカードが使用できません」と言われました。
コンビニでは「残高も不明で調べることもできません」とも言われ、1点だけカード払いで残りは現金支払い。

その後自宅には解約時の残高を控えていましたので、それ以降は購入した金額を控えて、残り248円。

先日、偶然にも手にしたものが248円。
しっかり使いきりました。

するとセブンイレブンで「nanaco」カードを勧められました。
「今なら発行手数料が無料です」と。

パンフレットだけもらって帰り、プリペイドカードも1枚は持っていた方が良いかも?と思い始め、カードにハサミを入れられません。
チャージすれば、有効期限まではこのカード使えるはずです。

でもでも、コンビニでも残高がわからないプリペイドカードって管理が難しい。

コンビニ利用が少ない私、「nanaco」がどこで使えるのか調べました。
私の行動範囲では利用できるお店が少ない。
「au WALLET」の方が、コンビニの縛りが無く使えるお店は多い。

念のため、カード裏記載のお問い合わせ窓口に電話し、残高確認。
0円でした。
その後、WALLETの管理会社「ウェブマネー」に電話を回してもらい確認。

アプリケーション「カードケース」を使用することで、残高確認ができます。
しかし、「ポイントも貯まらないしメリットないですよ」と言われました。

やっぱり、はさみを入れる事にしました。

少額のお金を払うとき、お財布を開くのが面倒なだけでプリペイドカードを作る必要が無い。

私の生活では、プリペイドカードは不要と判断しました。

念のため、電子マネーについて勉強します。
持っているクレジットカードには「QUICPay」と「iD」が付いています。

さらに楽天カードには、「楽天Edy」と、「楽天ペイ」があります。

電子マネーには、
ポストペイ型(後払い)・プリペイド型(前払い)・デビッド型(即時引き落とし)
の3種類がありますので、少し勉強します。
普段利用しなくても勉強しておくのは良い事だと思いますが、すぐ忘れるでしょうね・・・・多分。
(忘れる自信あります)

この度は良くわからずに、カードを作るのは辞めました。

お財布は少しでも軽くしたいですからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA