バリウムでトラブル続き

トラブル続き、バリウム続編です。

昨日は、バリウムを出す為の下剤でトイレ駆け込みが続きました。

寝る直前までトイレで、流石に一階のトイレに降りるのが億劫になり、普段使っていない二階のトイレの便座暖房を入れて、二階のトイレを何回か使用。

その程度なら良かったのですが、一階のトイレが水は流れるのですが変!

流したはずのトイレ。

トイレに入る度に、便座の中の水が透明ではなく色がついています。

まるで大の後で、水が流しきれていなかったかのように。

最初は流し忘れた?と思いました。

下剤で何回もトイレに通っているので、排泄物の量が少ないので、流し忘れた、もしくは流れ切らなかった?

ところが、何回トイレに行っても濁っています。

詰まったかと思い、朝一の寝ぼけ眼で便器の奥の掃除。

どうやら、便器の奥の方に下剤後の便がくっ付いていたようです。

トイレブラシで何回も何回も、奥を掃除してやっと水の濁りがなくなりました。

トイレ詰まりでなくて良かったのですが、慌てました。

バリウムを飲んだ後の、こんなトラブルは初めてです。

やはり二本も飲んだ、追いバリウムの結果だと思います。

また、普段トイレの排水には、リモコンの「大ボタン」を使っていないのでこんな事になったのでしょう。

最近のトイレの節水技術は、進化しています。

TOTOのトイレリモコンには「大」「小」「eco小」のボタンがあるのですが、少ない水でも水流を工夫し、大の後でも通常は「小ボタン」で流れます。

そんな訳でいつも通り「小」で流してました。

バリウム後の排便には「大」で流すべきでした。

トイレは大した事にはならなかったので、良かった。

しかし、トイレ以外にも思わぬ箇所にトラブルが起きました。

この件は、次回に。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA