車を降りる時の静電気、そろそろ嫌な季節がやってきました。

ダウンベストやダウンジャケットを着ている時は、特にひどい様に感じます。

痛いほど、パチッとなります。

車のディーラーからのダイレクトメールに「静電気予防処理」のワンコイン(500円)メニューを見つけたので、すぐに予約しました。

500円で、嫌なパチパチから逃れられるのなら、と。

どの様な処置をするのかも聞かずに、とりあえず体験。

で、昨日行って来ました。

担当してくれた方に聞くと、静電気予防処理としては一番下のランクの処置だそうです。

車のシートに何やら施してくれるらしい。

昨日は、綿のワンピース(裏地なし)にパーカーでしたが、下にタイツを履いていたのでワンピースが静電気でタイツにくっ付いて歩きにくかった。自宅ではくっつかなかったのに車から降りた後は、くっ付き虫状態。

しかし、カーディーラーに行くまで、店舗に立ち寄って用事を済ませながら行きましたが、この日は車から降りる時の静電気発生はなし。

したがって、帰りにも静電気対策の効果の有無は不明です。

これは、どうでしょう?

車にも効果があるかも知れませんね。

衣類の静電気を防ぐライオンの「エレガード」です。

スカートがまつわりつく時に、スプレーして使っています。

布製品の静電気防止スプレーです。

車のシートも、布製なら大丈夫です。

絹やレーヨン、皮革製品など水に弱いものには使えません。

今回の静電気予防処置の効果をしばらく試し、効果が無かったらこのスプレーも試してみます。

車の静電気対策で参考にさせてもらったのは、

こちらのサイト

【裏技】車の静電気の原因と防止対策とは?おすすめ除去グッズついても

静電気のメカニズムや、防止対策の紹介があります。

真っ先に試したのは、「車から降りる時の工夫」です。

静電気除去グッズは、昔キーフォルダーに付けて使用していましたが、多少は効果があるかな?程度でした。

良さそうな物は、いいお値段なので手が出ません。

冬場の服は静電気の起きにくい綿・麻・レーヨンよりウール・アクリル・ナイロン・ポリエステルと静電気が発生する服が多いです。車内に綿のパーカーなどを置いて上に羽織ると対策になるかな?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク