レモン酢が簡単に作れて体にもいいと聞き、知り合いに本を見せてもらいました。

やっと、国産のレモンが手に入ったので健康ドリンク「レモン酢」を作りました。

レモンは3個で150円で買えました。

用意するもの

レモン  180g(1個半〜2個くらい)

酢    400ml(純米酢、玄米酢、黒酢、リンゴ酢などの果実酒)

氷砂糖    180g(黒砂糖、上白糖、キビ砂糖も可)

保存瓶  1本(800ml)電子レンジ対応の耐熱ガラス瓶を用意

作り方

  1. レモンはお湯をかけながら、表面をタワシでゴシゴシ洗い、ペーパータオルで水分をとる。
  2. レモンを幅約1センチの輪切りにする。
  3. 瓶にレモンと氷砂糖を入れ、酢を注ぐ。
  4. 瓶に蓋はせずに、電子レンジで加熱する。500wなら40秒程度、600wなら30秒程度、750wなら25秒程度。この時点で氷砂糖が解けることはない。(※酢の種類や漬け込んだ時間によってレモン酢の色や状態が変わってくる。)
  5. 電子レンジから瓶を取り出し、蓋をする。常温で12時間置いたら出来上がり。(※レモン酢は常温で1年間保存が可能。レモンは取り出さなくて良い。

飲み方

  • 水(お湯)で割る
    レモン酢大さじ1を2〜3倍の水(お湯)で薄める。
  • ロックで飲む
    氷を入れた小さなグラスにレモン酢大さじ1を注ぎ、そのまま飲む。
  • 炭酸水で割る
    レモン酢大さじ1を2〜3倍の炭酸水で薄める、レモン酢に甘みがあるので、炭酸は砂糖なしのものでも十分おいしい。
  • サワーティー
    紅茶に、レモン酢大さじ2〜3を入れる。紅茶をワインや焼酎、ウィスキーに変えてもおいしい。夏はアイスティーで、冬はホットティーで楽しめる。
  • 飲むヨーグルト風
    レモン酢大さじ1〜2を、牛乳100mlに加えて混ぜる。

以上は見せてもらった本の抜粋です。
必要ページのみの写真を撮ってすぐに本は返しましたので、本のタイトルは不明です。

私はリンゴ酢を500ml分全部使用して作りました。

電子レンジに入る耐熱容器で適当なサイズがなかったので、1Lの耐熱計量カップで作って、1L用の麦茶容器に入れ替えました。

電子レンジに入れても氷砂糖は溶けきらないし、12時間置いても、下に砂糖の溶けていないのが残っています。

本を借りた知人に聞くと、彼女は大きな果実酒用の瓶に数本作り、電子レンジに入れなくても1週間位で砂糖は溶けたそうです。

私は自分が飲めるかわからなかったので、500mlのお酢の量しか作っていません。

口当たりも良く、特に好きではない牛乳が美味しく飲めるし、作るのも簡単なので無くなる前に追加を作りたいと思います。

レモン酢は、飲み物以外にも醤油に混ぜて刺身につけたり、白身魚にかけてカルパッチョや煮物の隠し味にも良いそうです。

作るのも簡単、美味しくて、健康にも良いなら、申し分ありません。
血圧も正常化するそうですので、楽しみです。
(レモン酢のメリットはこちら

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク