前回のスイミング教室の練習時、この教室に通って何年ですか?とお聞きしたら

「70代だからもう、20年以上よ。最初は息継ぎができなくて10mがやっとだったのよ」

ぜんぜんそんな風には見えません。
水泳をしてる人、皆さん若い。
失礼ながら、「いくらでも泳げるんですか?」なんて馬鹿な質問をしてしまいました。

「今は続けて泳ぐのは500mかな、腰を悪くしたから、バタフライは今は泳いでないの」
「ターン習った?」と聞かれ

私「まだです、25mでゼイゼイしてます」

お姉さま「壁にタッチして、体をまわし足で壁を蹴ってターン出来た時は、それはそれは嬉しくて感動よ」

私の心の声「いいなぁ、でも私の腰でそれは出来るのだろうか?でもそれなりに出来る方法があるのでは?」

いつかは、お姉さまのようになりたい。

省エネの泳ぎ方をするから疲れないそうです。

2215adf3f974fb9915fe69bd8187095c_s

私にはまだそんな余裕はありません。

先生からのポイントアドバイスに気を付けて泳ぐのですが、自然に体が付いてくるまではまだまだ。

手のかきに気を付ければ、呼吸がしっかりできない。キックが小さい。
もしくは、腕が開いたり、背泳ぎで上に上げた肘が曲がったり。
とにかく、注意点はいっぱいあるけれど。
バランバランって感じです。
そして最大の欠点、体力がない。

レッスン後は、心の中でめげてます。
レッスンを受けているスクールは少し遠いので、車で帰宅途中2部練する?
帰りに市営プールによろうかな?なんて考えも頭をよぎりますが、あきらめて直帰。

あきらめなければ、いつかはもっと楽に泳げるはず。

先輩方は素敵なので、人生のお手本です。

生き方も、水泳も頑張る時には頑張らないといけないけれど、省エネスタイルで力を抜く方が楽に暮らせるのかな?と思った一日でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク