ヨーグルト手作りと困ってる事

最近、ヨーグルトメーカーでヨーグルトの手作りをしてます。

手作りと言っても、

1ℓの牛乳パックから100cc取り出し、900mlの牛乳にヨーグルトを100g入れてかき混ぜ、パックの口を閉じ、ヨーグルトメーカーをセットするだけです。

これで9時間後には、ヨーグルトができてます。

作るのは簡単ですが、少し困ってる事があります。

1リットルの牛乳パックから、出来上がったヨーグルトを取り出すのが難しい。

上の方は、まだ取り出せるのですが、少なくなってくると、手にヨーグルトがくっ付いて困ってます。

最後の方は、取り出すのも難しい。

牛乳パックを切り開いて出すなどやってますが、案外ストレスです。

皆さんどうしてるのでしょう?

調べてみると、同じような悩みの方がいらっしゃいました。

長いスプーンの販売がありました。

Amazonで、長さ30cmの「CASUAL PRODUCT たっぷりすくえるヨーグルトスプーン ロング 578885」、880円でした。

マーナやセリアにも、ヨーグルトを取り出しやすいスプーンがあるそうです。

しかしとりあえず私の対策は、

以前、付属の専用容器(900ml)で500mlを作った時は、不自由を感じなかったので、付属容器作成に切り替えかな!

もしくは900ml容器で、牛乳800mlで作ってみようかな。

例え数百円でも、我慢できるものは我慢する。

物を増やさない。

ですよね。

我慢もするのですが、私が我慢するのは少額のものが多い。

どうしても欲しいものは高価。

肌に優しいものとか、年々こだわりが出てくるので。

私には高価すぎる物ばかりに、目が行きます。

もちろん、長〜〜〜〜〜く使うのですが。

困ったものです!!!!!

牛乳パックの真実

牛乳パックについて、面白い記事を読みました。

牛乳パックには、1L入っていない?

牛乳パックのサイズから計算すると

70mm×70mm×194mm=950.6ml

1000ml入っていないのでしょうか?

読み進むと、

牛乳などを充填すると、パックの内側に牛乳の重量がかかり、側面部が横への圧力を受けて膨らみ、正方形だった断面が円形に近づこうとし、内容積が大きくなるから結果的には1000ml入るのだそうです。

そうなんだぁ!!

ひょんな事から、1つ学びました。

 

2 COMMENTS

るるる

同じ悩みがありましたが、よつば牛乳1Lのキャップ付きを減らさずレンジで少し温めてR1液体ヨーグルト半分入れて作っています。軽く振ってアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで8時間で完成。容器に移す時もそのままスプーンいらずです。牛乳はちょっと割高ですが衛生面でも安心です。初めは減らしていましたが静かにやれば大丈夫です。

返信する
pansy

コメントありがとうございます。

液体ヨーグルトなのですね。
流石に普通のは、入れるのも出すのも難しいですものね。

キャップ付きをレンジで少し温めるんですね。
温める時は、キャップをしたままで大丈夫なのでしょうか?

以前は液体ヨーグルトも飲んでいたのですが、最近は通常タイプばかりです。

しかし便利さも大事ですから、色々試してみます。

少し良い牛乳で作ると、ヨーグルトも美味しいとの記事を読みましたので、試してみます。

衛生面も、確かに実感したことがあります。

夏場に甘酒を作った時、熱湯消毒などすご〜く気をつけて作った時と、適当に作った時では味が違いました。
最後まで味が変わらず美味しくいただけました。
そこそこで作った時は、最後の方は少し味が変わってしまいました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA