シニアこそピンクを

先日紹介の本
「私の着かた、私の生きかた」OVER60 Street SnapⅡ
やっと、図書館で借りて来ました~

最高齢の方は77歳

殆どの方がヘアカラーをしておられない。けれども、とても素敵です。

白髪も含めてつま先まで、何度も何度も見ました。

個性的すぎて私には無理かな?と思いましたが、色使い、小物使い全て参考になりました。

赤い口紅は昔のイメージで敬遠していましたが、白髪に赤い口紅や赤い洋服、バッグに、靴。
一言で赤と言っても、オレンジがかっていたり、ピンクがかっていたり、とても上品な色。

モノトーンや、ビッグなシルエットから和服、シンプルな方も髪型個性的だったり、OVER60だからこそ似合う。

img-1(私の好みをピックアップしてみました)

そして皆さん何よりイキイキとしておられます。
もう歳だからとあきらめてはいけませんね。
見ているだけでお洒落をする楽しみを思い出させてもらいました。

もう25年位昔の話ですが、親戚の結婚式に出席した時の事です。
12月でしたが新婦のお母様が、ピンクのワンピースを着て現れたのには度肝を抜かれました。

椿山荘での挙式披露宴で、全部終わって最後に着替えてお帰り間際の服装でした。
当時60歳前後ではなかったかと思いますが、頭は真っ白でしたがとてもツヤツヤして素敵でした。
ピンクも、薄い色ではなくショッキングピンクに近い色味を、もっと上品にした感じの色でした。

そのピンクが本当に上品で良くお似合いだったのです。
どちらかの会社の奥様とお聞きしましたが、あんなに上品にピンクを着こなされている方にはお会いした事がありません。

それ以来シルバーヘアーにこそ、ピンクが似合うと思う私ですが、私のテリトリーのショップには上品なピンクもなくご縁がありません。

ピンクにも薄いピンクから渋めまでありますので、似合う色があるかもしれません。

シニア男性にも似合うんですよね。
これも以前、少し薄めのピンクのシャツを着たシニアの方をテレビでしたが、お見かけしました。

最近は、じみ~~なクローゼットにカラーを入れたいの気持ちが強くなってきてます。

 

4 COMMENTS

siro

うわ~、とっても素敵なシニアですね。
私もこういうふうになりたい!!!
一つだけ、くっきりと華やかな色をもってくる、これくらいならできそうです。
それから、シニアにはもっとスカートをはいてほしいと思うんですよね。
今ほとんどの方はパンツスタイルですね。
スカートのほうが崩れたお尻や足の線も隠してくれて、エレガントだと思うけどな。
細すぎの私、お出かけの時はスカートが多いです。

返信する
pansy

こんばんわ。
そうですね、私も本当はスカート派だったのですが、いつの間にか似合わないのにパンツになっています。
たまにスカートを履くのですが、手持ちの衣類や靴ががスカートに合わなくて、着替えてパンツになってます。
しかしこの本を見て、お洒落したいと思っています。
お洒落をすると身のこなしもエレガントになりますし、幾つになってもお洒落心は失いたくないですね。

返信する
Yossy

こんにちは(^^)
いいですねぇ~
私もずっときれいに年をとって行きたいって思っています。
やっぱり髪の毛は染めるとおもうけど、でも服装とかとても
参考になりますね。
年が行くとどうしても顔色がくすみがちになるから、
明るい色の服を着たほうがパッと華やいで見えるんでしょうね。
下品にならず、あくまでもシンプルだけど上品に着こなして。。
いけたらいいなぁ~^^;

返信する
pansy

Yossyさん、こんばんわ。
そうですね、素敵に歳を重ねる工夫、内面も含めて大切だと思っています。
柔軟性の無くなる体と頭は日々の暮らしで使って錆つかないよう。
日常の生活や、たまのお出かけも、頭を使って装いと同様にまわりの人にも気を配れる人。
これが理想なのですが、最近自分の事も見えていないかもしれない私です。
楽しく工夫しながら、たまには新しい物も取り入れて行けたらいいな!と私も思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA