年賀状じまい

今年は、コロナ禍で年賀状じまいが加速しているそうです。

実は私も数年前から、年賀状をやめたいと思っていました。

高齢の方から年齢を理由に、年賀状じまいの便りを受け取った事もあります。

私は、まだ年賀状を出せないほどの年齢ではありませんが、年賀状だけを続けている間柄の人が多いです。

私が出すから、お返事をいただいている方もあると思います。

出さない方が良いのか、悩みます。

昔のOL時代の仲間は、逢いたいねと言いながらも会えていません。

今日は、古い年賀状の整理をしながら考えてしまいました。

5〜6年前にもらった、1通のハガキ。

従姉妹からのハガキが、結構ショックでした。

いつも私の方が迷惑をかけてばかりで、最近は年賀状だけの間柄。

内容は

「いつも年賀状だけはありがとう・・・・・」

などというような始まりで、今後は年賀状をお断りしますと言った内容でした。

この時は、何があったんだろうとショックを受けて、そのまま仕舞い込んでいました。

そのハガキへの返信は、書けなかったし、その後はもちろん年賀状は出していません。

その時のハガキが出てきて、改めて文面を読み返しました。

年賀状だけは、ありがとう。

だけはに含まれる意味は?言いたかったのは何?と考えました。

このハガキを受け取った時は、そこまで考えるゆとりがありませんでした。

言葉の意味することは?私はどうすればよかったんだろう?

あれ以来ずっと連絡を取っていませんが、せめて返事のハガキだけでも出せば良かったのでは??と考えてしまいました。

今更、出すと何事かと思うでしょうし、もう出さない方が良いのでしょう。

他の従姉妹も、年賀状を出している従姉妹も全く連絡していない従姉妹もいます。

理由はありませんが、自然にそうなってしまいました。

そんなことを考えながら、これからの年賀状の付き合いについて考えました。

本音は年賀状じまいをしたいけれど、私より高齢の叔父・叔母から年賀状をもらっているのに、私から年賀状じまいを言い出すことはできません。

私が他県に住んでいるので、貰う年賀状と弟からの話で様子がわかるだけ。

そんな親戚へは、やっぱり私の方から年賀状じまいはできない。

昔の地元の友人や、OL時代の仲間には一人一人手紙で様子を伺ってみようかな?と思います。

その中には、「近くへ来る時は連絡してね」と携帯電話の番号やLINEのQRコードを入れてもいいかな?

今後はLINEに登録して連絡もらえれば嬉しいと、送ろうと考えてます。

傷ついた経験もあるので、一律の年賀状じまいは私にはできないから。

もし登録しようと思ってくれる人とは、今後会うことがあるかもしれないけれど、LINEでの挨拶程度だけかもしれないけど、それでいいと思います。

2 COMMENTS

ハミングバード

初めまして。
まるで 自分のことのように 感じつつ 読ませていただいております。
あなた様の方が ひとまわりあまり お若いのですが 私も この夏から
一人暮らしをしております。

季節の便り 良い お付き合いが続いていくと それも ささやかな
彩であります。

返信する
pansy

ハミングバードさん、
こちらこそ初めまして、コメントありがとうございます。
少しお姉様でいらっしゃるのですね。
コメント嬉しく読ませていただきました。
季節の便り 本当にそうですね。
ささやかなおつきあいを自分から切る必要は無さそうです。

私は、季節のイベントを一人で過ごす時が一番さみしいです。
かと言って、べったりもシンドイ。
そんな寂しがりやの我儘です。
そして、何でも自分で決めないといけない。
相談相手が側にいないのが、困ります。
お財布事情などもあるので、他人に相談しても一般論しか聞けません。

勝手な思いをつぶやいて、自分の記録としています。

良かったら、またご訪問コメントくださいね。
お待ちしています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA