有償譲渡会のノートパソコン

先日のパソコン有償譲渡会で、譲渡してもらったパソコンです。

私個人のものではなく、時々パソコンでの仕事をお手伝いさせてもらっている会社の物です。

他に誰も使わないから持って帰ってくださいと言われ、現在手元にあります。

個人情報やデータは入れませんし、あくまで会社のパソコンです。

いかにも企業用の無骨なパソコンです。

15,6型/Corei5/メモリ-4GB

この機種は無線LANの受信部分が内蔵されていないので、外付けタイプの受信機が無料で付いてきました。

また、CD・DVDも付いていないので、別途外付けドライブを購入しました。

使用感は、キーのタッチがやたら深いですがこれは慣れるでしょう。他はちょっと使った感じでは、特に問題はありません。

エクセルで途中まで作っていた一覧表を、インストール済みのキングソフトオフィスの表計算で開いて普通に編集できます。使用感はエクセルと特別に違和感はありません。

関数や印刷崩れなどについては、まだ実際に使用していないのでわかりません。

サブPCとしては十分だと思います。

おしゃれ感は全くありませんけどね。

私が、個人で購入するならばあと1万円位追加でもう少し小さく薄いサイズ。そしてSSD機種を選びたいです。モバイルとして使用するパソコンは画面も綺麗でしたし、もちろん無線LANも内蔵されてました。

自宅にWindowsパソコンがあったらと思うことがありますが、無くても何とかなってますので、たまの使用に5万円は使えないです。(古いWindows7があるにはありますが、リカバリーしてもすぐに動作不安定になり使い物になりません。画面も全体に緑色になりチラつくので画面を見るのが辛い)

Windowsが無くても、自宅にはMacとiPhone・iPad Airの3台がありますので十分です。

MicrosoftのOfficeが使えなくても、個人ではMacのソフトで十分。今はエクセルの代わりにNumbersを使っています。

困るのは年賀状印刷の時だけです。

特に宛名印刷です。

郵便局の「はがきデザインキット」のMac版をインストールして、年賀状の裏面は作成できましたよ。

ところが、宛名はWindowsからデータ移行したのですが、年末に焦って使おうと思うとサッパリ解らず、結局チラつくWindows7で印刷しました。

年が明けて「はがきデザインキット」を使った時は、どうにかレイアウトできました。

しかし、実際のはがきに印刷すると画面では収まっていても、郵便番号等がズレます。

住所は人によって、文字数が違うしレイアウトが難しいですね。

一人一人のレイアウトを見直さないと使えないかも?みたいな状態です。もしかすると印刷時に1枚づつ?そんなことはやりたくありません、最低限一度レイアウト見直ししたものはそのまま保存して次に使えないと意味がありません。

それにググって調べると、何枚(2〜3枚??)かに1枚の割合で印刷がズレて使い物にならない等の口コミも見ました。ありえそうな雰囲気です。

思い切って、年賀状レイアウトに拘らず横書きなども有りとすれば選択肢は色々。

もしくは、Mac用年賀状ソフト「宛名職人」を購入する方法もあります。

次の年賀状作成までは8〜9ヶ月ありますが、あっという間に過ぎますからね。

まだ、次回年賀状作成までには時間があるので何か良い方法を探すことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA