アイリスオーヤマの高圧洗浄機FBN-606 (リフォームのエコポイントで交換していたもの)で、洗浄しました。

エコポイントで交換して届いたあと、1度使用していたが、そのまましまいこんでいたもの。

0170405f3fc3e72233cb543897c0306319948dd861

雨戸も窓も汚れているので高圧洗浄機で綺麗にしよう。ついでに洗車も!

そう思ったまでは良かったのですが、組み立てるのに手間取ってしまいました。

普段使用する物ではないので、取説を読まないと感では組み立てられません。

一つ一つ確認しながら、組み立て。

使用するのは簡単です。女性でも一人で使用できます。
本体の重さは5kg
室外に保管する場所が無いので、使用後は良く乾かして、画像の箱に入れて室内で保存。
パーツを含む全重量は7.4kgほど。

重い物を持つ事を禁じられている私ですが、差ほど苦にはなりません。

ただ、最初からの付属部品は水道ホースが約3m
高圧ホースが約8メートル
これでは我が家の全ての窓を洗う事が出来ません。延長高圧ホース10mを追加で購入すれば洗える範囲が広がりそうです。

しかし、家を洗うと本当に汚い水が飛び散りますので、ご近所に迷惑をかけそうです。

お向かいのお宅でも外壁塗装工事が始まったばかり、業者さんは飛び散らない様に隣のお宅の車にカバーを掛けたり、対策をされますものね。
私は、ご近所迷惑にならない方の窓を洗いましたが、自分に汚い水がハネましたからね。
自分は少々の水ハネは平気ですが、汚い水がお隣から飛んできたら嫌だと思います。

洗車や玄関先など、ご近所との距離がある個所は洗い易いですが立てこんだ住宅地では使いづらいかもしれません。

音は、差ほど気にはならなかったですよ。

ただ、高圧で洗いますのであまり近づけると、壁や車を傷めるかもしれません。

我が家はもう築30年、一度外壁塗装もやり直していますが、白い雨戸は雑巾で拭くと白く色が落ちます。

その様な状態ですので、水の噴射口を近づけ過ぎると、流れ落ちる水がかなり白くなります。

そろそろ外壁塗装もやり直しの時期かもしれません。

組み立てさえしてあれば、使用は簡単です。

取説をみても、ガン・フォームランス・ターボランス・ガンコネクタ・広角ランスなどとカタカナなので、絵で確認しないとどれがどれだか分りません。

ホースだって、水道ホースは解りますが、高圧ホース。意味は解る。でもだからどれが何処に付くのか?

使い始め、使用して片付ける時、一応取り付け取り外しの順番もあるようです。

慣れると、差ほど気にしなくても大丈夫な物かもしれませんが、解らないので慎重になります。

1度目の使用時に取り付け方が緩かったのか、ホースが外れて水が噴き出てしまったので、それで終了していましたので、余計に慎重になります。

良く使用するのであれば、全部分解せずにおけば使いたい時にすぐ使えるかもしれませんが、高圧って言葉で慎重になります。

せっかくエコポイントで交換した物なので、何とか生かしたいと思って利用してみましたが、我が家では自分でお金を払ってまでは無くてもいいかな?と思います。

利用回数、置き場所、ご近所との環境からそう感じました。

軽いし、綺麗になります。ただし、近づけ過ぎて外壁など傷めないように。

玄関アプローチについた、黒ずみなどは近づけて使用すれば、こすらなくても汚れが落ちます。それ程強力ですから、使用場所と対象物との距離で調整すれば大丈夫だと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク