デキサメタゾン

ステロイド系抗炎症薬「デキサメタゾン」が、新型コロナウイルス感染症の治療薬として、国内で承認されている医薬品として指定されました。

この名前、聞いた事があります。

私、持っているかも?

少し違ってました、持っているのは

デキサルチン 口腔用軟膏でした。

主成分はデキサメタゾン、デキサメタゾンのジェネリックになるのかな?

昨年、頰の内側に口内炎のような炎症が出た時に歯医者で出してもらった塗り薬。

結局治らず、口腔外科で腫瘍を切除しましたけど。

新型コロナ治療薬としてのデキサメタゾン。こんなにも身近なところにあって驚きました。

使われるのは、注射や飲み薬など別の形態ではないかと思われます。

しかし、デキサメタゾンの入っている薬は他にもたくさんあり、私が使った事がある

皮膚科で処方された、ボアラ軟膏・メサデルム軟膏もありました。

どちらも、副腎皮質ステロイド外用薬で、皮膚の炎症を改善する作用があります。

乾燥肌に水着が擦れて、ミミズ腫れになったり、湿疹やかゆみなどその時の皮膚の状態で、処方されます。

皮膚科は同じ病院へ行っているので、以前と同じ薬の場合は前のを使って下さいと言われることも。

勿論、それらの処方された薬は、症状が強い時や弱い時もあると思うので、それぞれの用途でしか使用しませんが、

すぐに忘れるので、薬局でもらうお薬の説明書に症状を書いておきます。

薬自体にも、簡単に書いたシールを貼ってます。

ここまでやらないとすぐに忘れます。

火傷など、急いで使う薬はとにかく判りやすく。

一人暮らしでは、慌てていてもいかに早く探せるかが大事。

そして、以前と似たような軽い症状なら、お薬の説明書を参考に手持ちの薬を使います。

大体2〜3日で症状は治まりますが、治らない時は病院へ。

そうでもしなければ、病院へ行く事が増えるばかり。

65歳を過ぎてからの外出先は病院ばかり(今は歯医者が2件)なので、医療費節約も兼ねてます。

(時々チェックしないと、使用期限が過ぎてました)

 

話がそれましたが、

「デキサメタゾン」は英国の大規模臨床研究で新型コロナウイルス感染症患者のうち、酸素投与が必要な重症者の死亡率を下げる効果が確認されたそうで、国内で有効性が確認されたものとしての2例目。

新型コロナウイルスのワクチンや検査、治療薬が1日も早く使えるようになります様に。

そうでなければ、私など高齢者の一人暮らしは安心して暮らせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA