資格勉強した時のデータも断捨離

USBメモリーに入っていた資格勉強のデータを断捨離しました。

自分で勉強した時のデータ。

データなんてほんのわずか。

捨てないで、取っておいても場所は取りません。

しかし、私にはもう必要ないです。

データが残っていれば、わずかな記憶からでも調べることでまた使えるのですが。

来年65歳になる私には、もう必要ないと判断しました。

断捨離途中で、まだ捨てられないものは、出番があるかも?と思うものだけ。

歳を重ねるごとにもう必要ないと思ったものは、大切な(だった)データすら捨てました。

中身のデータを整理することで、USBメモリーが空になり、別の用途で使えます。

今はUSBメモリも安いですから、新たに買い足しても金額は僅かです。

けれど本数が増える毎に中に何が入っているか不明になります。

そっちの方が、私は嫌。

余分なものを増やしたくない。

そんな思いから、資格勉強したデータを捨てました。

もう何年も、開いてもいないUSBメモリー。

そして、それらはWindowsのデータでしたので、Mac派の私には不要。

半分壊れたWindows7のパソコンが立ち上がれば使えますが、もう使わない。

断捨離する条件は複数揃ってましたので、未練など何もなく綺麗さっぱりと捨てることができました。

他の断捨離もこんな風に進むと良いのですが、多分まだ無理して捨てようとしてるのだと思います。

人にはそれぞれ、タイミングがあるのでしょう。

どんなことにもタイミングってあると思います。

何事も無理することはないと思います。

その時期はいずれ訪れます。

もしももしも、間に合わない場合は、私は運命と諦めます。

それでいい。

それでいいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA