コロナワクチン副反応の痛み

ブログ投稿がしばらく空いてしまいました。

ドタバタしていたり、その後はコロナワクチン接種で腕の痛みが強烈で、ブログを書く気になれませんでした。

ワクチンの副反応については色々聞いていましたが、さほど不安に思ってませんでした。

とりあえず、解熱剤と少々の食料は確保していたので、なんとかなるさ!と

結果は、接種後数時間経過後から注射した左腕の痛みが強烈で。

腕を動かすと痛い。

特に上にあげたり接種した腕の反対側に腕を持って行けない。

トイレでパンツをあげるのも痛いし、Tシャツを脱ぐことすら痛い。

接種した方の腕は、かなり熱を持っています。

聞いてはいたけれど、こんなに痛いの?

というのが正直な感想です。

1日目は痛くても、ひたすら我慢。

翌日も痛みは一向に治らず、痛み止めを飲めば良い事に気付いて、そこでやっと薬を飲みました。

痛み止めを飲めば、痛みの程度は軽くなりかなり楽になりましたけどね。

副反応を侮ってました。

二日目の夕方には、接種部位の熱も少し引き、触れると痛い程度まで落ち着きました。

お風呂で顔も体も洗えるし、首にかけたエプロンの紐も結べる。

薬を飲むまで痛い方の腕は使い物にならず、丸一日はひたすら我慢して過ごしました。

私の頭の中には、熱が無かったので薬を飲む発想がありませんでした。

薬って、本当にありがたいです。

コロナワクチンの接種は、近くのかかりつけ医で受けたので、医師から万一の発熱時の解熱剤等はありますか?と聞かれていたのです。

発熱はしていなかったものですから、ただひたすら我慢していたのです。

3日目は、痛み止めは飲んでいませんが、まだ接種部位に触ると痛みがあり熱を持っています。

おそらく4日目は、完全復活するのでは無いかと思います。

ワクチン副反応についての記事で心づもりをしておけば、いざという時に慌てずにすみますので、参考ページを掲載しておきます。

ワクチン副反応”若い世代は出る確率高い”その症状や注意点は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA