アルファベットを運んだ天使

W杯が行われているロシア。

テレビでロシア語を耳にする事も多く、あるお話を思い出しました。

アルファベットの話です。

英語のアルファベットは26文字ですが、ロシア語のアルファベットは全部で33文字。

見慣れない文字もあります。

ずいぶん前に教えてもらって、面白い話だと思い記憶に残っています。

その話は、

 英語のアルファベットは26文字だが、イタリア語は JKWXY の5文字を欠き21文字しかない。

その昔、天上より諸国の使いの天使に、お盆に乗せた26文字が渡された。几帳面なイギリスの天使は26文字を正確に持ち帰った。ところが、あわてん坊のイタリアの天使は5文字落としてしまって、21文字しか持ち帰らなかったからだそうだ。

ついでながら、ロシアの天使は、遠い帰路のためか雪で滑ったのか、途中でお盆をひっくり返し、慌てて拾って並べ直したけれど、あんな文字になってしまったとか。

なんと無くは覚えていましたが、いざ文章にと思うと書けません。

調べてこちらのページに書いてあったので、無断ですが書かせていただきました。

イギリスの天使は几帳面。イタリアの天使はあわてん坊。

ロシア語は不思議な文字が、なるほどひっくり返して拾ったからなのね〜〜〜。

この話を聞いて、クスッと笑ってしまいました。

インターネットって、うろ覚えの事も調べることができて便利ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA