暑がりで汗かき(特に顔、目の下)なので夏は苦手です。それなのに冷え性かも知れないと解りました。

特に50歳以降になってからの顔の汗はひどいです。若い頃は、差ほど気になった事も無い。

汗管腫(かんかんしゅ)というそうですが、目の下に小さなブツブツが多数出ます。涼しいところにいるとあまり目立ちませんが、汗をかくとそのブツブツも少し大きくなり目立ちます。最初に気付いたのは40代頃、暑くなると目の下に汗をかく様になり、年齢とともに汗も多くなったようです。

汗かき、暑がりなので、夏場は水分を多く取りますし、エアコンの効いた室内にいるのが好きです。

先日、スイミング教室の他の方と話していて気付いたのですが、泳ぎ終わって着替えをしてもあまり汗をかかないのです。他の人は運動のあと、暑くて汗が噴き出ると言われます。確かに私も通常は汗っかきですので、動いた後は汗が噴き出ます。

ところが水泳の後は、涼しくて気持ちが良いとは感じますが今のところ汗が噴き出ると言う感じを味わったことがありません。プールで私だけが体の中まで冷えているのかも知れません。

自分の体質、もしかしたら冷え性かもと初めて知りました。

暑がりで、汗かきなのに冷え性ってあるようです。夏場エアコンの効いた職場で仕事をしていた頃(50歳以降になってから)は、締めきった家に帰ると暑くて不快なはずなのに、冷え切った体にはホンワリと心地良いのです。
この頃から冷え性だったのかも知れないです。

本当は、運動して汗をかいて暑さに強い体質を作っていかないといけないようです。
しかし、最初に書いたように汗管腫(かんかんしゅ)もあって、苦手なのです。

汗をかいて運動や作業をするのは苦痛です。ですから夜もカタログハウスの夏用敷きパッドクールPMC(冷感敷きパッド)を使用しています。朝まで体温マイナス5℃を保ってくれるとの説明を見て、数年前に購入して使用しています。
触った感じもヒンヤリですが、このヒンヤリ感が保たれます。

最近では、お手頃なお値段の物をスーパーなどでも見かけますが、使用した事が無いので違いの説明が出来ません。カタログハウスの商品は、ヒンヤリ感が続き朝まで体温マイナス5℃前後を保ってくれるそうです。

本当に暑がりなので、寝やすくなる物には投資しています。カタログハウスのガーゼケットも使用しています。

最初に少しエアコンで室温を下げてこの2点を使用すれば、寝苦しさから解放されます。

ですが、なぜか夏場はトイレに行きたくなって目が覚めるのです。単純に寝る前に水分を取り過ぎているのだと思っていましたが、体が冷えているのかもしれません。
冬には殆ど起きる事が無いのに、夏は毎晩のように目が覚めます。
冷え性の私には適さなかったのかもしれません。

しかし、寝苦しさと冷え性、トイレの目覚め。う~ん、難しいです。涼しい方がいいし。困りました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク