メールアドレスが流出

またまた、詐欺メール。

本物っぽいけれど、よくみるとやっぱり違う!

本文のモザイク処理の部分は私のメールアドレス、差出人は公式カスタマーサービス。

差出人のアドレス、公開しても良いかも知れませんが、一部モザイクを掛けました。


(クリックで画像拡大できます)

タイトルは

「配送先住所が変更になりましたのでご確認ください」

メール内容を読むとドキッとしますね。

タイトルでは、誰かがログインして配送先を変更したのか?

しかし、メール本文では支払い方法を変更しようとしていた、そうです

文章がチグハグで、さらに「そうです」と書く?

なんども見直すと、やっぱり変ですが、日本語が不自然という程でも無く見落としてました。

ですが、

アドレスにはamazonの文字は全く入っていませんので、詐欺メールと確信しました。

念の為、

直接アマゾンのメッセージセンターを確認しても、そんなのはありませんので詐欺です。

アマゾンのヘルプ&カスタマーサービスには以下の様に記載があります。


(クリックで画像拡大できます)

主にと書いてありますので、それ以外のアドレスから来る事もある。

けれど仮に差出人のアドレスが一致しても、直接メッセージセンターで確認した方が良いです。

これはメールアドレスが流出してる、多分!!

数は多く無いけれど、

amazon・JCB・メルカリ等からのメール。

チェックサイトでメールアドレスの流出を調べると、やっぱり!!でした。

使ったのは、

使ったのは、メールアドレス・パスワードの流出チェックサイト

『Have I Been Pwned?』


(画像をクリックすると、画像が大きくなるだけでチェックサイトには飛びません)

このサイトに、調べたいメールアドレスを入力するだけですが、このサイト本当に大丈夫?と不安になります。

NISC(内閣サイバーセキュリティセンター)の「インターネットの安全・安心ハンドブック」でも紹介されています。

PDF版第3章の63ページに説明があります。

東京都産業労働局のセキュリティの部屋には

『Have I Been Pwned?』の使い方も書かれています。

これらのサイトにウィルスが仕込まれたら、別ですけどね。

どんなサイトも疑ってかからないといけないので、名前だけで信用せず調べた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA