ついに5件目の歯科医へ行くことに

この1年で5件目の歯科医へ行くことになりました。

ドクターショッピングではなく、様々な症状でそれぞれの病院へ。

この1年本当に、次々と色々あったので、長文です。

根管治療専門医へ

5件目は、保険外診療の根管治療の専門医のところ。

ネットで、情報は得ていましたが、改めてパンフレットをもらい驚愕。

ちょっとビビリます。

ちょっとどころではなく、かなりです。

経緯

本当にこの1年は口腔内に色々のトラブルがあり、歯科医通いが続いております。

普段は地元の歯科医で治療しています。

昨年の6月、ヘルニアの手術後定期検診に行った時、右下奥から二番目の歯は、根っこの治療をした方が良いかも?的な感じで言われたのが始まりです。

ここから始まった、この1年の歯科医通い。

自分では何の症状も無かった歯ですが、医師によるとレントゲンで影は数年前からあり私に伝えていたそうです。

医師も当時は、さほど深刻な状況とは思っていなかったと思います。

だから、内容を理解していなかった私。

影?だから?

その後、影が薄くなったので、様子見が続いたのだそうです。

ところが、昨年6月既に根っこの治療は難しいかも?

(急に言われてもね、定期的に通っていたのに・・・・)

一部を残せるかも知れないが、抜歯することになるかも?から始まり

抜歯になるなら、インプラントを希望し、紹介で2件目の病院へ。

この病院は17〜8年前に、インプラント1本目を入れた病院です。

この時の事はあまり詳しくは覚えていませんが、病院で根元がグラグラしてますよ。と

あっさりポロっと抜かれたと言うか抜けた記憶があります。

そして昨年8月、やはり残すことができず抜歯、インプラントにすることに。

(今思うと、この時点で根管治療の専門医を受診していれば、抜かずに済んだかも知れません。保険外診療でも、インプラントにするより安い)

根元が落ち着くのを待つ間。

地元の病院で

その隣の右下、一番奥の歯を根っこにも影があり、根っこの治療やり直し。

1週間に1回程度通って数ヶ月。

途中で、右上奥から二番目の歯も冷たいものがしみるようになって、右下奥はかぶせの手前で中断。

右上奥から二番目は初めての根っこの治療だったので、数回で終わりました。

終わったはずなのですが、今回の問題はこの歯。

12月にかぶせをつける治療中に痛みを感じ、訴えたのですがそのまま銀のかぶせがつきました。

神経を取ってるし、痛みは感じないはず。

インプラントの歯に問題があるのでは?と言われ、自分でもどの歯が痛いのかよく分からない。

それ以降、鏡で1本づつ見ながら磨いて、痛いのは、やはり右上奥から二番目のかぶせを入れた歯。その後も何かが触れると痛みのある歯。

(右上奥から二番目は保険適応の銀のかぶせにしたのですが、白い歯と違って、反射するのか黒っぽいからか?奥歯を見ながら歯を磨くのが難しく、銀のかぶせにした事を後悔)

歯ブラシもそっとしか磨けず、右は治療中や歯がないので、ずっと左で食べてました。

治療途中から左の頬にできた腫瘍。

良性のものだと思うと言われ、3ヶ月様子を見ましたが、左でしか食べられないのに腫瘍が痛い。

結局、もしもを考え医師の紹介で3件目、総合病院の口腔外科へ。

唾液腺にできた腫瘍で、1月に切除。

手術ですから痛みはありましたよ、病理検査は良性。

上の痛みはそのままで、

1月末に、やっと1件目の病院で右下奥のかぶせをつけて。

3件の病院へは地元医師の紹介と連携を取りながら、治療を続けました。

3月中旬に2件目の病院で人工骨埋め込み手術。

勿論、2件目3件目の病院で右上の今回問題のある歯の事は伝えてもいました。

全て紹介で行っているので、2件目3件目の医師からはレントゲンを見る限り異常は見られないと言われ、この歯は地元病院医師に訴え続け、4月8日まで通いました。

次の予約も入れたのですが、ここではもう無理だと思いキャンセル。

その間は2件目インプラント治療中の医師に痛いのは人工骨埋め込み術後ではなく、上の歯と訴え。

ずっと左で噛んでいますが、たまに、ゴマなどの小さなものが右に移動しうっかり噛むと痛い。

下に噛み合わせの歯はないのに、多少隣の歯と噛み合わせがあるのか痛い。

トーストを前歯で噛んだら、右上の痛い箇所に当たったのか痛い。

歯磨きや糸ようじも、そっとしかできない。

圧力が加わると痛い。

これでは下にインプラント入れても、噛むことができません。

もう限界だったので、6月はじめにインプラント人工骨埋め込み後の定期検診時に、歯周病の専門の先生のところに行きたいのですが、と自分で見つけた医師のところを受診すると伝え、インプラント手術に問題がない事を確認しました。

その後は6月8日から、4件目歯周病再生治療の専門医を受診。

結果、歯周病では無かった。

この時に、根っこに問題があると言われ、紹介するので根管治療の専門医の所へ行く方が良いと話が出ました。

とりあえず、かぶせを外しレントゲン・CTで様子がわかるので自分が治療し、もしできなければ5件目の根管治療専門医へとなりました。

結局4回通って、治療を試みてもらったのですが、治療するたびに増す痛み。

治療後は3日ほど痛く、口に含んだ痛みどめカプセルが触れただけで痛い。

唾液を飲み込む顔の表情筋など、筋肉の動きでも痛い。

歯磨きも、4日目から手術後に使う柔らかいブラシをそっと触れる程度。

結局、5件目の根管治療専門医のところへ行くことになった次第です。

このままではインプラントを入れても噛めない歯・歯磨きもろくにできない歯。

覚悟を決めたけれど、やっぱりビビってます。

根管治療が終わってから、また被せは別。

見ながら歯を磨くには、白い歯じゃないと磨きにくい。

保険適用外だと、これも実費。

今年は歯医者で散財。(フゥ・・・・・・)

書きながら思ったのですが、痛みがあっても通常の歯科医で保険適応で治療できず、保険外診療しか選択肢がなかったら、治療はできないって事?

高額療養費制度は、基本的に歯科の自由診療の全てに使うことが出来ません

医療費控除は対象になるのですが。

 

2 COMMENTS

オリーブ

私も2年程前、奥歯を抜くしかないと言われて歯医者巡りが始まりました。

当初抜いてインプラントにするしかないと思ったのですが、歯をなるべく抜かない方針の歯科医師に巡りあいました。
そこではインプラントは勧められませんでした。

そもそもインプラントは歯科大では教えず、医師がセミナーなどで任意で覚える技術だそうです。

紆余曲折ありましたが、奥歯は歯の高さを削って当たりを減らしたら落ち着いてぐらぐらしなくなり、磨き方に気を付けたら、歯茎は良好常態になりました。

最悪歯を抜くしかない状態になったら、ソフトデンチャーというシリコンの入歯にするつもりです。

主さんの歯医者巡りは焦って迷走しておられるような感じがしました。

歯の治療は費用も高いので、自分が20代なら先が長いので…

どうせ寿命までの20年か長くて30年持てばいいやと思ったら、視点が変わったというか、落ち着いて考えられましたので、老婆心ながらコメントさせていただきました。

返信する
pansy

オリーブさん、コメントありがとうございます。
良いお医者様に巡り合えてよかったですね。
私、迷走してますかねぇ・・・・
自分では意外と解らないものです。
この度の歯は、もう半年以上痛いのを我慢していますし、4件目の医者以外は全て医師からの提案と紹介で行ったものです。
それも、全て様子見の期間が長かったですよ。
その間、片方でしか噛めない、一時的には前歯でしか噛めない時期もあり、かなり不自由でした。

また、インプラント一回目の医師も大学で講義もされている医師を紹介されたので、信頼して行きました。
特に問題も起こっていませんが、お亡くなりになったので、その後を継がれている院長を頼って2度目の施術です。

オリーブさんのコメントを読み、確かに抜かずにすむのならそれが一番です。
しかし、一回めは歯医者に行った時には、痛くもなく簡単にぽろっと抜けたのですからねぇ。
まだ仕事もしていて若かったし。
当時地元の病院では、ブリッジしか提案されず、健康な歯を削りたく無かったので、インプラントを入れたことは後悔はしていません。

2本目のインプラント予定の歯は、抜く前に根管治療専門医の診断を受けるべきだったと、後悔しています。
とは、言え。昨年の抜くしかないかもしれないと言われた時点で知識が無かった、調べようとも思わなかった。インプラントは2回目で、時々定期検診もしている病院。
そこでの2回目なので、深く考えませんでした。
その点は、後悔しています。
昨年抜く前にブログに書き、コメント貰っていたら違う選択をしたかもしれませんが、抜いてしまった(抜かれてしまった・・・)し、
この歯の治療は今の所順調にスタートしています。

今回の歯の根管治療は別の歯、自費診療ですが治療して歯の寿命を伸ばせるなら、仕方がないと思っているのです。
この医師も県内では評判のお医者様で、東京の某有名歯科大学での非常勤講師もされていますし、私が通える範囲内で、これ以上の先生のところにはたどり着けないと思い、受診を決めました。
ここで、痛みが取れなかったら、もう仕方がないのかもと思っています。
受診せずに後悔したくないから。

私も、もちろん残りの寿命は考えますよ。
あと20年持てば良いと思っています。
特に見えない奥歯は、これまでは保険診療で構わないと思ってました。
ところが、いざトラブルが起き、痛みがある箇所は目で確認しなが磨かないと、うっかり触れると痛い。
しかし、銀は白より黒っぽくキラキラ反射して見え難い。特に上の奥歯は見え難いです。
そんな不自由を感じています。
口の大きさや、歯の形状、場所、並びによっても異なるかもしれません。
実際にやってみないと解らないのが正直なところではないでしょうか?
そんなデメリットも含めて、全てを丁寧に説明してくれる医者に巡り会えたらと思います。

実際には時間が無くて、丁寧に説明する時間が無いのかも知れませんね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA