スーツケース持ち手の部分、長さ調節がきかなくなり春に新しいのに買い換えました。

同じサイズで2個は要らないので捨てたいのです。

これ粗大ごみになるのですが、燃える?燃えない?
と悩み、燃えるかな?と燃える粗大ごみ当日、市から配布されているゴミ仕訳の一覧で確認するとスーツケースは燃えない粗大ごみ。

春の粗大ごみ時燃えない粗大ごみは既に過ぎていて半年保管し、先日やっと燃えない粗大ごみ収集日に出しに行くと、自治会の役員さんがこれは燃える粗大ごみですねと!!

やはりそうなのか?とまた持って帰りました。

そんな訳で捨てたくても捨てられません。
今朝程通常のごみを出しに行ってみると収集してもらえなかった、粗大ごみが一つ一つ展示品の様に掲示されたました。

ハンドバッグやこたつ板など。

次の燃える粗大ごみには出したいですが、担当者によっては違う仕訳になりそうな微妙なゴミ。

img_1108

今度こそ粗大ごみに出せますように。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク