髪にミルボン洗い流さないトリートメントの代わりに、ヴァセリンを付けてみました。

タオルドライの後で、ヴァセリンを毛先に付けたのですが、伸びが悪いので付けにくいです。

今まで使用していたのは(まだ多少残っています)、ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン、洗い流さないアウトバスのトリートメントです。

ミルクタイプでのびも良く、香りも好きです。
タオルドライの後で、毛先のみに付けます。

私が使用しているのは以下の商品、細い髪用です。

出典:楽天市場 コントラストビューティー

 しなやかな髪質に導くデザインベースエマルジョン
「ディーセス エルジューダ エマルジョン」
バオバブオイル(柔軟成分)配合のデザインベースエマルジョン

潤ってふんわり、もっと自由な素材創り。
動かしやすい、やわふわな素材へと導く
プロのためのデザインベースエマルジョン

CMADKが毛先まで均一にダメージを補修し、バオバブエキスが髪の保水力を高めます。
ドライ中も、ドライ後も思い通りの髪に導きます。
【こちらは細い髪用です。】
セラミドの中でも高い水分保持機能を持つ「セラミド2」がCMCからの水分蒸散を防ぎ、
水分保持力の弱い細い髪を、やわらかくしなやかな状態へ導きます。

出典:楽天市場 コントラストビューティ

毛先に少量しか付けませんので、半年以上使用できるのですが、何か代用できないかとヴァセリンを付けました。

ヴァセリンは少し硬いので、付けにくくて多めに付いてしまいました。
そのせいか、ちょっと重い感じ。

髪のサラサラふんわり感はなくなりそうです。が痛んだ髪にはちょうど良いオイル感かもしれません。
専用品に比べると髪の保水力とかは違うと思いますが、オイルでコートしてるわけですので、結局水分は逃げませんね。
翌朝ベタつくかと思いきや、付けた時以上にベタつくことはありませんでした。

使用感として好きか嫌いかというと好きではありませんが、思いの外いい仕事してくれました。
残っているヴァセリンの消費には使ってもいいかな?

私の場合、顔や体に使用するものは、伸びや香り、オイルなどの使用感が重要なので、これが自分に合わないと続けて使用するのは難しいです。

でも、捨てずに使い切るために小さなことから、試しています。
最初は抵抗があっても、慣れるかも、好きになるかも知れません。

節約には程遠く、相変わらずの小さな小さな事ですが、小さなことの積み重ねです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク