比較的小さな花は手がかからず、手抜き出来ると思うのですが、どうでしょう?

花が大きいと花がら摘みを怠ると、終わった花は無残。
とは言え、ビオラの様に小さくても長く咲かせるためには花柄摘みをした方がいいですよね。

先日購入した花の苗

鉢に植え付けて1週間です。

もう何年も花の苗売り場に足を運ぶこともなかったので、全く知らない花です。
サンク・エールだそうです。

花びらが5枚で半分だけで面白いですね。
小さな花なので豪華さはないかもしれませんが、そのぶん花がら摘みをサボれるかと・・・・
真夏の暑さにとても強く真夏でも満開が続きます!のキャッチコピーで買いました。

そんな甘い考えで選んだのですが、SUNTORYの苗なので高かったです(涙)

開花時期は5月〜10月(寒冷地を除き、冬越し可)と表記があります。
せいぜい枯らさない様にします。

そして、これ。
ものすごーく手抜きできます。
何もしていません。
花が終わったら、伸びすぎた部分を切り取るだけ。

地植えで放ったらかし、本当に何もしていないのですがどんどん増えるので、時々適当に引っこ抜いてます。
花は3センチにも満たないサイズ、この場所は2時ごろになると日陰になるので、咲くのは日が当たっている時間のみ。
朝顔を小さくした様な花ですが、葉っぱも全く違います。

日が陰ると花は閉じるのですが、また翌日に咲くの繰り返しで長い間咲きます。

ところが、いつの頃からか勝手に咲く様になったので、何かの土にくっ付いて来たのでしょう。
そんな訳で、私には名前すらわかりません。
垂れ下がる様に深い鉢植えにしてみたいと思うのですが、もう10年以上もこの位置でこのままの状態で咲き続けています。

腰が悪いと園芸もほとんどできないのですが、今回は久しぶりに苗を植えたので嬉しくて記事にしました。

あれこれ手をかけていらっしゃる方からは、とっても恥ずかしい状態ですが、腰が悪くてもほんの少しの花と暮らせると心が潤います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク