なんの事はありません、玄関ドアのラッチボルトの調整が上手くできたのです。

以前の記事でも書いていたのですが、上手くできなくて数時間後に玄関ドアがカチッと音がして不気味でした。

ミシン油や鍵穴の滑りを良くするスプレーではダメでした。

ネットで「シリコンスプレー」が良いと調べてはいたのですが、試していなくてそのまま約8ヶ月経過。
ラッチボルトは、ドアの取っ手を捻ると引っ込んでドアが開き、ドアが閉まる時に自動的に引っ込んでカチッと音がしてドアが閉まります。

これは風でドアが勝手に開いたりしないようについているそうですが、出たままか引っ込んだままになってそのまま数ヶ月。
もちろんドアを閉めるときは手でドアノブを回せば閉まるので、そのままでした。

ホームセンターでシリコンスプレーを購入して実施。

まず最初にエアダスターで埃をはらって、ラッチボルトを出し入れしながらシリコンスプレーを数回やってみると、簡単に治りました。

潤滑剤 シリコンスプレーとネットで調べるとそこそこのお値段、他の使い道も分からず購入していなかったのですが、私が購入したのは188円(税込み)でした。

なぁんだ、悩むほどの金額じゃなかったのです。

潤滑剤シリコンスプレーとちゃんと調べて、ホームセンターに出向き商品を陳列されていた、男性の店員さんに尋ねるとスムーズに売り場に案内してくれました。
あんまり安いので、使用用途を話すとこれで良いと言ってもらったので安心して購入できました。

しかし以前エアダスターを購入する時など、私がエアダスターの名前を覚えていなかったのでパソコンやカメラなどの精密機器の埃を空気で払うスプレーを探しているんですがと、女性店員さんに聞くと別の全く違う商品の売り場に案内されました。

石こうクギを知らない店員さんもいました。
これも私の説明が悪く、石膏ボード壁に細いクギをクロスして打ち込むタイプのフックを探しているのですが・・・なんて言ったものですから、相手に伝わらず結局購入できませんでした。

ネットではこのような言葉でも検索すると、引っかかるので自分で調べることができます。

できるだけ商品名やメーカーと値段を調べて、買い物に行くようになりました。

もちろんメーカーは同じでなくても同様のものなら良いのですが、ここまでしないと近所のホームセンターのアルバイトやパートさんでは分からないことが多いです。

ホームセンターには便利なものがたくさんありますが、種類が多いのでどこの売り場にあるのか検討をつけるだけでも大変です。
一通り回って分からなければ店員さんに聞くのですが、詳しくない店員さんも多いので下調べが重要です。

ホームセンターでは、女性があまり知らない分野は男性店員さんに聞くと詳しくて色々アドバイスもしてもらえます。
やはり詳しそうな人を探して聞くことで買い物がスムーズにできます。

パソコンをMacにしてからは、iPhoneとの連携も簡単なので共有しているアプリ「メモ」に書いて商品画像を貼り付けておきます。

ヘアカラーの品番なども忘れるので、使用中の箱の写真を撮ってメモに貼り付けです。

スマホを便利に使用するので、自分で覚えようとしません。
記憶力は衰える一方です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク