曇り空から青空に!

老いて身体が多少不自由でも、楽しまなくちゃ人生は一度きり。最後は笑顔でありがとうと終われるように

破れに気付かず使ってた傘

傘が破れている事に全く気付かず、使ってました。

中心が、結構大きく破れてます。

何も気付かずに使ってたって、何とノー天気なのでしょう。

雨漏りなど気付きませんでした。

この傘で出かけるのは、ゴミ捨てとか近辺のスーパーや病院。

大雨では出かけないので、小雨で気付かなかったのかもしれません。

本来の私は、色々と気になるタイプなのです。

気付かないって事が、これほど楽なのかと初めて知りました。

あまり小さなことを気にかけて、どうしようと考えるより

これだけハッキリ判ると、捨てる!

とすぐに判断でき、無駄な時間が不要。

捨てられない私は、くたびれた程度で新しい傘を買ったとしてもまだ使えるからと捨てられず物は増える一方。

これほどハッキリ破れている、安いビニール傘。

透明感も無くくたびれてるのに、柄が気に入って使ってました

使い倒したので、サッパリと捨てます。捨てられます。

破れて捨てる事が、こんなに気分が良いとは知りませんでした。

物を大切にするので、壊れたり破れる事がほとんどありません。

新しく物を買うのは、くたびれてきたから。

しかし捨てられない私の性格では、数多くの物を持つより

少ない点数を使い傷みが激しい方が、物の捨て基準が分かりやすくて良いらしい。

この破れ傘は、

自己分析できる良いキッカケでした。

夏のTシャツを数枚買い替えたいなぁと思っていましたが、

あるもので何とかなる。

今年はSSサイズより、Sサイズが楽。デザインによってはMサイズかも?

来年はLサイズ?

特に家での夏の家事は、ゆったりサイズの方が楽。

そう思って、新しいのが欲しかったのですが、捨てられないので買わないことにしました。

傘に教えてもらった捨て基準のためにも、物を増やさず使い倒す。

この方法で暮らせば、スッキリ暮らせてお金も使わず一石二鳥。