無線LAN

無線LAN、簡単に繋がるので深く考えた事がありません。

しかし、無線LANは近所のもたくさん見えますし、我が家のSSIDも幾つも見えます。

どれに繋げば良いのか解らない。

昨日教えてもらってわかった事が一つあります。

無線LANに繋がる時のWi-Fiルーターの接続帯域は5Gと2.4Gがあり、プリンターは2.4Gに繋がる。

我が家のWi-Fi普段見えているのは、末尾がAとGそして、それぞれの後ろに1が付いているものもあり、取説に書いてあるのでしょうが、違いがわかりません。

ルーターによってこの表示は異なるそうですが、我が家の場合は

  • Aは5G接続
  • Gは2.4G接続

プリンターは2.4G接続ですからGに接続です。

【それぞれの特徴】

2.4G帯域は多くの製品に利用されていて、混雑して不安定になりやすい。しかし、壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい

5G帯域は、2.4Gと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなります。
長所は、基本的にルーター以外で使用されない帯域なので非常に繋がりやすく安定しています。2.4Gと比較して、より高速な通信が可能です。

我が家のルーターはAとGの表示でどっちがどっちが解りにくいですが、どこかの見えている表示には2G・5Gと解りやすいものもあります。

他に1・2や 、1・2・3とか、AとW、まだまだたくさん見えていますよ。

よそ様のルーターはさて置き、

我が家ではスマホからの印刷時が非常に電波が不安定で、プリントの文字が反映されず印刷できない事が多いです。

設定が間違っているのかとあれこれ試した事がありますが、単に電波が弱いだけだそうです。あれこれイジっても時間の無駄でした。

色々書きましたが、Wi-Fiの設定が不安定で繋ぎ直す時も、5G帯域のAに繋ぐことにします。

他にずらりと並んだ途中に一つ、我が家のSSIDに似ている番号が入り込んでいて、チョット気になります。(・_・?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA