次亜塩素酸水を安く作り、除菌ウェットティッシュを作る

簡単に安く次亜塩素酸水を作る方法がありました。

そもそもきっかけは、

ウェットティッシュが見つからないことから。

ネットショッピングでは多少ありますが、高い。

送料を含めると、1,000円超え。

幾ら何でも高すぎます。

100均でも売ってるこのタイプの中身が欲しいのです。

100均のは液が少なくすぐに乾き使い難いので、普段はドラッグストアで、安いのを買ってます。

中身だけなら、300円以下で購入していたと思うのですが、お店の棚は空。

たまにネットショップで手頃な価格も見るけるのですが、1個だけしか買えず、送料が800円とかだと、やはり1,000円を超えます。

買えるお店でまとめて買うか悩みます。

これまでは、リビングや食卓で使う他に、ちょっとした掃除にも。

お化粧時ファンデーションや下地クリームがついたらふく。日焼け止めクリームで手が汚れたらふく。

机が汚れたらふく。

何でもかんでも

ウェットティッシュを使ってました。

今考えると贅沢。

水が使える自宅なら、汚れたら洗えばいい。掃除はボロ布や、使用後のキッチンペーパーを使う。

こんな風に節約しないと、売っていません。

それでも、帰宅後には除菌ウェットティッシュでスマホを拭きたい。

外では、除菌タイプの携帯用ウエットティッシュをバッグにいれておきたい。

でもね、ほとんど売っていません。

スーパーで見つけ、つい買ったのは

60枚で315円(税別)。

このタイプしか無かったので購入したのですが、除菌タイプではありませんでした。

容器に入っていて、片手で開けられるのが便利です。

これって、赤ちゃんを抱いていても片手で使える。口元も拭けるのかな?

私が探している、除菌タイプではありません。

よく考えると、これなら買わなくても良かった。

お化粧の途中でも部屋の隣は、洗面所。手を洗えば良い。

普段、外出時に持ち歩くのはこれ。

携帯用アルコールは、「ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー」を100均スプレーに詰め替えて使ってます。

ジェームズマーティンは、食品添加物のみで構成され、口に入っても安全。安心安全なアルコール製剤なので以前から使用しています。

しかし今は売っていても、目が飛び出るほど高いです。

他の商品でも、今除菌の類は殆ど売ってないか高いです。

ウェットティッシュも少しは必要なので、キッチンペーパーで作る?作れる?

容器に入れて、除菌スプレーをかければウェットティッシュになるようです。

が、

除菌スプレーがねぇ・・・・

コロナウィルスとは、これからも長い共存生活です。

使う場所に応じて、できるだけ安く対策する必要があります。

アルコール消毒液の代わりにハイターやブリーチを薄めて、次亜塩素酸水が作れるそうですが。

手すりなどの除菌には使えても、外出時に手指を拭くって、無理です。

そこで、ググってみると

見つけました。

除菌水の素

「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」を使えば作れるそうです。

安いものだと、プール用除菌剤として販売されているものもあります。

プール用除菌剤なら安全ですね。

プールの水は口に入ることもしょっ中ですし、飲み込みはしませんがたまに飲んだかも?ってこともあります。

早速注文しました。

水道水に溶かすだけで、除菌水が作れます。

1包を500mlの水道水に溶かすだけ。

8包入りなので、500mlの容器1本あたりが137円(送料別)です。

送料と言っても、地域にもよりますが180円。

これなら、作ってみる価値はありますよね。

除菌水を作れば、除菌ウェットティッシュも気兼ねなく作れます。

コロナウィルスと共存生活が安くできそうで、良かった。

あとは、これから暑くなるマスクをどうするかです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA