花だと思って育てたら、雑草だった

昨年秋に、小さな葉がたくさん出ているのを見つけ、植え替えて肥料や水を与え育てていました。

ところが、花だと思ったのは雑草でガッカリです。

右手前は抜きましたが、まだ残っています。

大きく育ったら、お嫁入りさせようと思っていたのですが、危うく草を渡すところでした。

ここまで大きくなると雑草とわかるのですが、ちょっと紛らわしい苗だったのです。

2017年5月に初めて購入した「サンク・エール」の苗に似ていたのです。

赤で囲ったのが雑草で、青が「サンク・エール」。

葉の厚みが全く違いますし、葉が小さい。

けれど幼苗時は、葉の周りがガタガタした感じがそっくりで、てっきり「サンク・エール」の苗と思いました。

昨年は草だと思って様子を見ていたのが花だったのですが、今年は逆で雑草に水やりして育ててしまいました。

始まりは昨年の秋に苗を拾い上げ、わざわざ植木鉢に植え替えて、雑草と知らずに春まで育てていたなんて、とんだ笑い話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA