歩き方に四苦八苦

歩き方を改善しようとして、足が痛くなってしまいました。

歩く姿勢、スピードはもちろんですが、足裏の重心移動が難しい。

・正しい重心移動

  1. かかとで着地する
  2. 重心を足の第5指の付け根に移動させる
  3. 重心を第1指の付け根に移動させて地面を蹴り、最後は第1指で蹴り上げる

【フットケア外来の医師、高山かおる先生の「巻き爪、陥入爪、外反母趾の特効セルフケア」からの抜粋】

この重心移動、特に左足が上手くできません。

②に重心をかけず、①から③への重心移動で歩いていたようです。

そして、浮き指。

第1指で蹴り上げることもできていない。

だから、左足親指は少し巻き爪。

5本の指の付け根を結ぶ横アーチが崩れて、足の指が横に広がってしまう状態。開帳足になっています。これまで足の指を床につけることができない、浮き指でしたが、これは理学療法士の先生に治してもらいました。

その後は油断すると浮き指が出ますが、自分で気をつけるよう心がけています。

しかし崩れた横アーチと正しい歩き方ができないので、歩くと左足第1指の関節と付け根が痛い。

ウォーキングが苦痛になっています。

対策を検討中です。

・コンフォートシューズや、インソール装着

インソールは既製品の他に、病院で保険適用のオーダーメイドのものを作ることもできます。

先日整形外科外来で医師に相談したところ、病院で業者が測定し、足に合わせて作るそうです。私のように足が小さくても大丈夫。

・グッズを取り入れる

コンフォートサポートソックス

5本指ソックスです。

高山先生の本によると、松藤文男氏が考案したコンフォートサポートソックスがおすすめだそうです。

・セルフケア

テーピング法:開帳足、浮き指、外反母趾、内反小趾、ハンマートゥに

靴下の購入も考えていますが、とりあえず今はテーピングしてます。

最初はきつすぎて、歩きにくくやり直し。

立って歩くと、座っている時より横アーチに負荷がかかりテープがきつくなります。

様子を見ながら、今日は初めてのテーピング。

これで実際にウォーキングができるのか不明です。

「巻き爪、陥入爪、外反母趾の特効セルフケア」から一部を抜粋しましたが、足に悩みがある方は実際の書籍をご覧になった方が良いです。

私は、図書館で借りて読みましたが、実際に手元に置いて何度も読みたいし、セルフケアにも役立てたいので、メルカリで購入しました。

新品にはこだわりませんし、半額くらいで買えるので、とても助かります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA