究極の選択

究極の選択、片付けについてです。

物を減らしたいのに、捗らない私の究極の選択です。

先日テレビの整理収納アドバイザーの言葉で、少しづつ実行しています。

その言葉とは、いるかいらないかではなく、「使っているか使っていないかです」と、どうしても決められないものだけは、保留の箱に入れる。

「いる or いらない」で選ぶと、使わないのに取っておく事になります。

このテレビで見たお宅で、使っているか使っていないかで片付けたのは、キッチンの収納でした。

テレビで良いと思っても、年代や人それぞれが求める暮らし方が違うので、自分に合う片付けをするべきだと思います。

60代の私もキッチンの収納は、「使っているか使っていないか」で決めて良いと思い、残すのは使っている物に絞ることにしました。

その後、すぐにフライ返しを1本捨てました。

この考え方だと、我が家には捨てる選択できる物が数多くあります。

まだ、実行できていないですが、忘れてしまうのでここに書いて残します。

  • 食器
  • 保存容器
  • 水筒
  • カトラリー
  • 調味料、香辛料(古いのが残ってる)

明日は、排水溝の掃除をプロに依頼しているので、ついでにシンク下を全部出して、片付けます。

他の場所は、ゴミ分別収集日に合わせて、片付けます。

水筒やプラスチックのコップなど、普段は使わないけれど、入院などに備えて捨てられない物もあります。

これは、人それぞれ事情が違うから仕方ありませんね。

キッチンにあるものは、全てが使っている必要な物となりますから、「使っているか使っていないか」の考え方、とても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA