究極の選択、衣類編

衣類の整理。

究極の選択はどんな風にしましょう?

「使って良いるか使っていないか」を、そのまま衣類に当てはめると「着ているか着ていないか」と置き換え、着ている服だけを残す事になります。

いくら好きでも、ときめいても、着ていないものは捨てる。

これを今の私に置き換えると、ちょっと厳しい。

まだまだ働き盛りですと、今だけを考えれば良いと思います。必要になったらその時に買う。

けれど私は、自分に合うサイズを見つけるのは難しい、経済的にも、少し先なら着れそうな服は残したい。

今は地味でも、5年後10年後なら着れる。自宅のみで暮らし外出できないなら着る。

さすがに80歳前後までは考えられませんので、そこまでは考えなくてよいでしょう。

ただ、好きな服。ときめく服でも。歳とった体には、ピッタリ細めはダメ。

こんな服は、仮にときめいても自宅でも着たくないので処分します。

考え方や、お財布事情、サイズ事情など様々です。

私は、今は着ていなくても、年老いた体に心地よく着れる服は残そうと思います。将来好みが変わったら、その時に処分します。

そうは言っても、今より狭い家に引っ越さなければいけない状況になったら、着ている服のみを残すことになるでしょう。

収納スペースによっては、着回しできる服を少数精鋭で、もっともっと少なくする事になると思います。

衣類を捨てるのはいつでもできるので、着ている服だけを残すこと、今の私にはできません。

やっぱり、片付けの基本はあっても、それぞれの事情で取り入れる事になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA