ターンの練習

ターンの練習と言いたいところですが、体を丸めるターンは難しいのでターンもどきの練習してます。

これまでは25mで足をついて折り返していましたが、ターンの練習中です。

あまり張り切ると、腰に負荷がかかって新たな痛みが発生するので、私にできる範囲の練習。

とにかく床に足を着かずに、折り返して泳ぐ練習です。

背泳ぎはターンさえできれば、ある程度は続けて泳げます。

クロールは息継ぎが下手で息が上がってしまうのでとりあえず、50mの練習。

少しプールを休んでいたのですが、それほどの体力低下も感じずに泳げました。

まだまだですが、ターンもどきでとりあえず背泳ぎは100m。

クロールは50m。

以前は疲れると、ペースが落ちてコンスタントに泳げなかったのですが、最近は同じペースで泳げるようになりました。

時計を見ながら練習しますが、見なくてもほぼ同じペース。時間でどれだけ泳いだか大体わかります。

最低でも1km、滞在時間からすると多分1300m泳いで帰ることが多いです。

目標は2km泳げるようになりたいけれど、私の体力ではまだ無理。

無理せずコンスタントに続けることにしています。続けて泳ぐのは無理なので、100m泳いで少し呼吸を整えて泳ぐ、これが精一杯。

無理に続けて泳いでも息が上がって、フォームがバラバラになって苦しいだけ。

これまでは泳ぐのに精一杯でしたが、最近は水中でも他の人の泳ぎを観察することもあります。

殆どの人が、それぞれのペースで決めた時間・メニューをこなして帰られます。

中にはひたすら歩く人も。

水中で歩くって難しいです。

水中は浮力の為、重力を殆ど感じず歩けるので膝の負担は少ない。けれど体幹がしっかりしていないと、逆に歩くのが難しい。

うまく歩けない私は体幹が無いってことですね。

だから、ゆったり浮かんでいるのがとても楽で気持ちいい。

泳げるようになってからは歩くより、泳ぐほうが楽。

どちらにせよ、水中は痛みが発生しにくい。

しかし、ヘルニアの手術前には歩くことも水中に浮かぶことにも、痛みが発生しました。したがって全ての人にお勧めかはわかりませんが、重力が少なくなる為、地上より楽だと思います。

昨日のひざ上げも、まだ習得できていない私ですが、泳いだ後で更衣室で背中をつけて立つと、普段より立ちやすい。

水泳で体幹を使った後だから、少しマシなのかしら?今日はまた、壁にくっついてブルブルしながら瞬間片足をあげるだけ。

全くできません。

「ひざ上げドリル」のあとがき

マッサージや痛み止めの注射は対症療法に過ぎませんが、痛みの根本である立ち方、歩き方を正せば、その効果はずっと続きます。

を、信じて。

「必ずできるようになります」と書いてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA