初めての棕櫚たわしでプチ贅沢

初めて棕櫚たわしを購入しました。

高田耕三商店のしゅろのやさしいたわし、特小です。

これまでは、100均のたわしでした。

100均のたわしと比べると

左側が、ダイソーの一番小さなサイズのたわし。

かなり使い古してます。

拡大して比べると、使い古したダイソーのたわし

新しい棕櫚のたわし

使い古しと、新品の差があるので単純な比較は難しいのですが、画像より実際に手に取ると、さほど密では無いのが意外でした。

そして、案外柔らかいです。

感じ方は個人の感覚で難しいですが。

用途に「かかと」もありますよ。

なるほど、100均のたわしでかかとを洗おうとは思いませんでしたが、棕櫚のたわしなら洗えそう。

そんな感触です。

たわしは、木のまな板を使ってる人にもオススメです。

私は先日、合成ゴム(エラストマー)のまな板に買い替えたのでスポンジで洗ってます。

理想的なまな板が見つかった

MACのまな板も、とても良いです。(私がこれまで使ってきた合成ゴムのまな板の中で、一番木の感触に近く一番滑りにくいまな板)

お魚などにはたわしが良さそうですが、取り扱いの確認が必要です。

泥付き野菜にもたわしを使ってます。

鉄のフライパンも、使用後は洗剤を使わずお湯でたわしで洗うと良いようですよ。

ステンレス鍋の焦げ付きも効果を発揮しそうです。

ザルなど調理器にもベスト。

とても綺麗で可愛いたわしです。

made in Japan を見直しました。

日本の良いものを見直し、ささやかなもので嬉しくなってる私です。

たわし、私にとってはプチ贅沢です。

高田耕三商店のリンクを貼っておきます。

テフロン加工のフライパンやお鍋にはしゅろのやさしいささらが良いそうです。

お鍋の細かい部分や隅っこなどにはささらが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA