たんぱく質摂取、多ければ良いと思っていたけど違った

筋肉を増やしたいので、たんぱく質の摂取量を増やせば良いと思い、最近は意識して増やしてました。

ところが、人によっては摂り過ぎはダメのようです。

私、今年の健康診断でクレアチニンの数値が基準値より少しオーバー。

腎機能が経過観察になってます。

今日、かかりつけ医から言われたのは

「数値が少し高いけれど、尿の数値に異常が無いのでまあいいでしょう」

左側の青い欄の数値が今年、2021年の数値です。

右側は2019年。

LDLコレステロール値が下がっているのは、昨年から薬を服用し始めたから。

他にも気になるのは、骨粗鬆症

同年代と比べて骨量が少ないです。

迂闊にも室内で転んだ、心まで老人になりたくない

そして、血圧も少し高め。

プールで泳いだ後で測ると、血圧は110台の数値。

やっぱり運動不足の様です。

今、問題がある病気の食事についての資料をもらいました。

どちらも、塩分を減らすのは重要。

そして、たんぱく質を増やし、脂質・コレステロール・飽和脂肪酸を減らす。

次に予備軍なので、気にしている病気についての資料。

こちらも塩分を減らすのは一緒。

ですが、脂質は高血圧には少し増やしてあります。

そして、問題はたんぱく質です。

腎臓病にはたんぱく質が多いと腎臓への負担が心配だと!!

つまり

たんぱく質が多ければ良いというものでは無い。

たんぱく質は、からだを構成している細胞の重要な成分で欠かせない栄養素ですが、使われたあとに老廃物が出るため、腎臓が老廃物を取り除く役目をしています。腎臓の機能が低下すると、負担をかけない様にたんぱく質を制限する必要が出てきます。必ず医師の指示を守って食事をとりましょう。

「腎臓病の方のためのやさしい食卓より(MDS株式会社)」

どの資料も魚ですが、煮付けは味が濃いので他の調理法に変えてあります。

簡単なので煮魚にしてたけれど、よく考えるとそうですね。

ホイル焼きとかソテーの方が良さそう。

私の場合、4つの気になる症状に良い食事

  • 塩分少なめ
  • たんぱく質は多過ぎず、適量
  • コレステロール少なめ
  • 脂質適量
  • カルシウム多め

何を食べるか難しい。

考えすぎると、億劫になってしまいます。

日光に当たり、運動する。

これだけは心がけて、食事内容を見直す事が薬を増やさないコツかも?と改めて思います。

薬を増やしたく無いので、頑張るしかなさそう。

医療費削減と、毎月病院へ行くのが億劫なので、何とかしたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA