10月15日にドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)で手術した右手首、23日に抜糸してもらいました。

腫れも引いてシワシワの手。

翌日には剥がして、水につけてもOKと言われてます。

ただし擦らないようにと!!

抜糸したら、親指を握り込んでも痛くありません。

ただ、表面の傷が痛いのです。

若い人より治りが遅いのか、万一傷口が開いたりしたら病院へ来るようにの指示でした。

問題がなければ、通院は不要とのこと。

娘に痛みがありテープ剥がすのが不安とメールすると、剥がした方が痛くないかも??

「剥がしちゃえ」なんて返事が。

傷口が見たいのかしら?

返信のスタンプでは、傷口見たいらしい・・・・(;Д;)

私も怖いもの見たさがあるけれど、やっぱり怖い。

そうそう、傷口を濡らさない方法に役立ったセロテープ。

毎日ぐるぐると止めるのに使っていたら、昨夜入浴準備の途中で無くなり、仕方なく透明な梱包用テープで止めて入浴。これで面倒な作業もお終い、よく頑張ったねと自分に言いながら入浴したのですけどね。

やっぱり、私は怖がりでイジイジと迷っています。

で、やっと剥がしました。

グロイです。

画像は小さくUPします。

画像クリックすると大きな画像が見れますので、同じ病気(ドケルバン病)で訪問くださった方や、興味のある方はクリックしてごらんください。

印付けの線が太く付いています。

手術日を含めて9日目ですが、傷口がまだ痛いです。

何かが当たると痛そうでしょ?実際に痛いです。

手首から肘の方向へ向かってボディクリームをつけようとすると、皮膚が引っ張られて痛いです。

傷口を引っ張る方向ですものね、痛いはず。

肘から手首に向かっては痛くないので、体を洗う時も手首に向かって洗います。

傷口開かないか不安です。

服の袖口が当たっても痛いかも、様子を見ながら後で簡単に覆うかもしれません。

術後の経過は、また時々記事にしたいと思います。

プールにも行って良いと言われていますが、まだ不安なのでもう少し様子見します。

娘にもコースロープに当てないようにね!と言われています。

コースロープ、下手したら皮膚が切れることもあるし、指を挟んで骨折した人もいますよ。

私はビビリで、まだまだプールは無理ですので、ウォーキングで運動不足解消です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク